ここでは、ドラマ「ノーサイドゲーム」8話のあらすじをネタバレで紹介します。

ゴルフ場建設反対派が再び府中工場前に集まるようになっていました。

総務部長として反対派の声を聞こうと親睦会を開いた君嶋はある疑問を抱くように。

一方、アストロズでは開幕戦に向けて激しいレギュラー争いが繰り広げられていました。

ここでは「ノーサイドゲーム」8話のあらすじをネタバレで紹介します。



スポンサーリンク


ノーサイドゲーム8話あらすじネタバレ

チームで唯一の日本代表だったエースの里村(佳久創)を失ったアストロズ。

しかし、部員たちは落胆するどころか開幕戦に向けて激しいレギュラー争いを繰り広げていました。

新たにメンバーとなった七尾(眞栄田郷敦)は、技術はあるがスタミナ不足が原因でポジション争いではベテランの浜畑(廣瀬俊朗)に軍配が上がっていました。

しかし浜畑は七尾のスタミナ不足の原因が膝の靭帯を痛めているからだと気づき、解決策を伝えました。

「なぜそこまでしてくれるのか?」と問う七尾に、浜畑は「ベストな状態で七尾を倒さないと意味がない」と答えるのでした。



その頃、府中工場の前にはゴルフ場建設反対派が再び集まるようになっていました。

君嶋(大泉洋)は大事な地域の住民である彼らから話を聞こうと、リーダーの苗場(金山一彦)に声をかけて市役所で懇親会を開催することに。

反対派の人たちから、先頭に立って開発に反対してくれていた帝国工科大学の森下教授が顔を出してくれなくなったと聞いた君嶋。

以前、トキワ自動車研究所の星野(入江甚儀)から、森下教授がイギリス沖で白水商船のタンカーが座礁した事故でカザマ商事のバンカーオイルの調査を白水商船から極秘に依頼されていたと聞いたことを思い出します。

そこで星野に詳しく話を聞きに行くことに。

すると、星野が森下教授からオイルの分析を依頼された時期と反対運動に顔を出さなくなった時期が一致していることが判明。

それ聞いた君嶋は、教授が検証していたオイルの分析にカザマ商事が何らかの形で関わっていたのではないかと疑いを抱くように。



そんな中、病気で入院中の教授の娘がもうすぐアメリカで移植手術を受けることが判明。

実は教授はその多額な移植金を捻出するために、カザマ商事からバンカーオイルの分析を偽装するように言われていました。

研究者として事故を起こすかもしれないオイルを放置していいのかと問う君嶋。

それでも教授はカザマ商事のオイルに問題などないと断言しました。



君嶋は教授がオイルを分析していることをなぜカザマ商事が知ったのか疑問に感じていました。

そして調べていくうちに苗場が府中グリーンカントリークラブの担当責任者である青野(濱津隆之)に、カザマ商事のオイルを教授が調査していることを話していたことが発覚。

青野はそのことを風間社長に報告し、社長の指示で教授にデータ偽装を持ちかけていたのです。

もしトキワ自動車がカザマ商事を買収した後にこの事実が発覚したら莫大な賠償責任を負うことになり、ラグビー部も廃部になってしまうと考えた君嶋は、青野の説得を試みます。

そしてアストロズで行われる部内マッチに青野を招待することに。

自分が守りたいと思っているものを青野に見て欲しいと考えたのです。

「彼らを守れるのはあなただけだ」と言われた青野は、過ちに気づき、自分が知っている全てを君嶋に話すことにしました。



そんな中、アストロズの開幕戦のレギュラーメンバーが発表され、七尾が初めてレギュラーに選ばれました。

それを聞いた浜畑は「頼んだぞ」と言って七尾を抱きしめました。

9話のあらすじはこちら
ノーサイドゲーム9話あらすじネタバレ!カザマ商事の不正を暴けるか


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「ノーサイドゲーム」8話のあらすじをネタバレで紹介しました。

優勝を狙うアストロズでは熾烈なレギュラー争いが繰り広げられます。

果たして七尾はレギュラーを獲得することができるのでしょうか?

また、君嶋がゴルフ場反対派と親睦会を開いたことで抱くようになった疑問とは一体何なのかも気になるところです。

元ラグビー日本代表選手も!出演者は「ノーサイドゲームキャスト・ラグビー部員一覧」でまとめて紹介しています。