ここでは、ドラマ「ノーサイドゲーム」5話のあらすじをネタバレで紹介します。

滝川が進めていたカザマ商事買収案が取締役会議を通過。

しかし、そこには滝川とカザマ商事・風間社長のある関係性がありました。それに気づいた君嶋は元上司の脇坂に調査を依頼。

そんな中、アストロズは津田率いるサイクロンズと対戦することに。

そこで君嶋はトキワ自動車本社に津田を招いて両監督の合同記者会見を行うことにしました。

ここでは「ノーサイドゲーム」5話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


ノーサイドゲーム5話あらすじネタバレ

アストロズはプラチナリーグ開幕戦を見事に勝利し、その後も勝ち星を重ね13連勝を達成。

選手たちの士気も高まっていました。

しかし、試合のためラグビーの聖地である秩父宮ラグビー場を訪れたアストロズは、サイクロンズの強さを目の当たりにします。

アストロズには現日本代表が1人に対してサイクロンズは9人もおり、アストロズの選手層の薄さが浮き彫りに。

君嶋(大泉洋)はそれを見越して七尾(眞栄田郷敦)に声をかけていました。

滝川(上川隆也)は経済紙にトキワの注目株と紹介され、コスト削減を堂々と謳っていました。

社内で滝川の力が大きくなり、君嶋もアストロズも危機に直面。

そんな中、滝川が府中工場の視察に訪れることになりました。

人工知能ロボットを導入すれば効率も大幅に上がると、工場の人員削減を提案。

滝川の発言力は社長より大きくなっていました。

君嶋はトップシークレットであるはずの買収話がなぜこのタイミングで新聞にリークされたのか気になっていました。

そして、滝川とカザマ商事の社長である風間有也(中村芝翫)が大学時代の同期であることに気づきます。

滝川が記事をリークできたのは風間との強い信頼関係があったからで、君嶋は二人には何か別の企みがあるのではないかと考えていました。

そこで元上司の脇坂(石川禅)に調査を依頼することにしました。

サイクロンズ戦まで数日に迫る中、柴門(大谷亮平)はスピードでサイクロンズに勝負をかけようとしていました。

そこへ柴門にマスコミからの取材依頼の話が。

しかし、取材内容がアストロズのことではなく、サイクロンズの監督である津田(渡辺裕之)とのことだと言うのです。

それを聞いた君嶋はトキワ自動車本社に津田を招き、柴門と津田の合同記者会見を行うことを提案。

その記者会見の場で柴門は「サイクロンズを徹底的に叩き潰す」と堂々宣言。

それを聞いた選手たちは監督やGMのために命がけで試合に臨むことを誓いました。

実は君嶋は選手たちの士気を高めるためにこの会見を仕掛けており、その君嶋の思惑通りになったのでした。

そして秩父宮ラグビー場でサイクロンズとの優勝決定戦の日を迎えます。

サイクロンズにパスも動きも何もかも読まれており、試合はサイクロンズ有利で進んでいきました。

そこで柴門は里村(佳久創)に代わって佐々(林家たま平)を投入。

そして後半15分、佐々の観客を魅了するパスが出ました。

実は柴門は君嶋の発言にヒントを得て、後半に佐々を出すことを試合前から決めていました。

スピード勝負で行くなら佐々のパスは絶対外せないと考えていたのです。

試合はアストロズ4点ビハインドでノーサイドまで残りわずかとなり、会場にはトキワコールが鳴り響きました。

ノーサイド直前に岬(鶴ケ﨑好昭)が点を入れたかのように見えましたが、ビデオ判定の結果点を入れる前に足が出ていたために結局アストロズは負けてしまいました。

そして、アストロズは存続の危機に直面することになるのでした。

アストロズの運命は?気になる6話のあらすじは「ノーサイドゲーム6話あらすじネタバレ!君嶋がGMを辞める?」で紹介しています。



スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「ノーサイドゲーム」5話のあらすじをネタバレで紹介しました。

滝川がカザマ商事を買収しようとしている裏には何か思惑が隠されていそうで気になります。

一方、アストロズはサイクロンズとの対戦が決定しました。

柴門の因縁の相手である津田率いるサイクロンズに対しては是非勝利してもらいたいです。


キャストはこちら
ノーサイドゲームキャスト・ラグビー部員一覧まとめ!


スポンサーリンク