ここでは、ドラマ「ノーサイドゲーム」4話のあらすじをネタバレで紹介します。

滝川常務が進めていたカザマ商事買収案が取締役会議を通過したことを知ってショックを受ける君嶋。

さらにこの件が何者かにリークされ、正式契約を待たずに世間に知られてしまいます。

買収を手がけた滝川は不採算部門のリストラも考えているらしく、君嶋は窮地に立たされることに。

ここでは「ノーサイドゲーム」4話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


ノーサイドゲーム4話あらすじネタバレ

アストロズのリーグ戦初戦の日。

最下位だったアストロズが新監督に柴門(大谷亮平)を迎えてどう変貌を遂げたのか注目される1戦となりました。

結果は見事勝利し、アストロズの注目度はさらに上昇。

そしてジュニアアストロズが結成されました。



プラチナリーグで勝利したことを滝川(上川隆也)に報告する君嶋(大泉洋)でしたが、客が入るのは最初だけでそんなに甘いものではないと一喝されてしまいます。

「ラグビー部はこの会社に必要なものなのか?」と問われた君嶋は、さらに客を増やそうと躍起に。

そして迎えたプラチナリーグ第ニ節。

観客数は5000人と開幕戦の1/3まで減ったにもかかわらずアストロズは見事勝利を手にします。

そして、順調に勝ち進んだアストロズはメディアの取材を受けることに。



そんな中、佐々(林家たま平)の言動が原因で取引先である府中グリーンカントリークラブ」の責任者・青野(濱津隆之)を怒らせてしまいます。

その結果、9000万もの取引が破談に。

そのことが滝川の耳にも入り、アストロズの存続がさらに危うくなってしまいます。

ラグビー部員たちも佐々の件で集中力が低下し、疲れが出ていました。

それを聞いた柴門は選手層の薄さを指摘。

柴門の「七尾(眞栄田郷敦)が居れば…」と言う言葉を聞いた君嶋は、七尾をアストロズに勧誘することにしました。

しかし、七尾はもうラグビーは辞めており、はじめから社員として働きたいと主張します。

日本でラグビーで食べていくことは難しく、日本でラグビーをやる意味はないときっぱり断られてしまいました。



肩を落とす君嶋の元にさらに悪いニュースが入って来ました。

滝川が進めていたカザマ商事買収案が取締役会議を通過したと言うのです。

そしてこの件は正式な契約をする前に新聞に大々的に載ってしまいます。

君嶋は、次期社長を狙う滝川がリークしたのではと考えていました。



そんな折、トキワ自動車府中工場にゴルフ場の建設を反対する住民が押しかけて来ました。

買収案を勧めているカザマ商事がゴルフ場である府中グリーンカントリークラブを開発しているために、反対派が押しかけて来たのでした。

そこで君嶋は青野を訪ねることに。

今までどのように対応して来たのか教えて欲しいと伝えると、青野は黙り込んでしまいました。

そこで取引を破談にした本当の理由を問うと、青野が重い口を開きました。

実はゴルフ場建設の反対運動が過熱しているために、一旦工事を延期することが決定。

そのために取引も中止したのでした。

佐々のミスが原因ではないと聞いて君嶋は安堵し、佐々に真実を伝えます。

さらに佐々は誰よりもチームのために尽くしており、アストロズには佐々のサポートが必要だと熱弁。

退部を考えていた佐々は、君嶋の言葉でアストロズを続けることを決意しました。



そしてチーム一丸となって戦った第四節も無事に勝利することができました。

君嶋は観客数はまだまだ少ないが、一試合ずつ全員で泥臭く戦っていくしかないと考えていました。


5話のあらすじはこちら
ノーサイドゲーム5話あらすじネタバレ!アストロズがサイクロンズと対戦



スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「ノーサイドゲーム」4話のあらすじをネタバレで紹介しました。

カザマ商事が開発を進める府中グリーンカントリークラブの担当責任者に、「カメラを止めるな」で監督役を演じた濱津隆之が登場します。

4話のキーパーソン的な人物となりそうで、どのような演技を見せてくれるのか楽しみです。


キャストはこちら
ノーサイドゲームキャスト・ラグビー部員一覧まとめ!


スポンサーリンク