ここでは、ドラマ「ノーサイドゲーム」3話のあらすじをネタバレで紹介します。

君嶋はファン獲得のために地元に密着した活動をしようと考え、追加予算を獲得するために役員会議で滝川常務と対決することに。

そんな中、選手たちは合宿を行うことに。

しかし仕事以外はラグビー漬け、さらにその合間にボランティアをさせられ、次第にイライラを募らせていきます。

ここでは「ノーサイドゲーム」3話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


ノーサイドゲーム3話あらすじネタバレ

アストロズを盛り上げるために君嶋(大泉洋)はラグビー教室を開くことを思いつきます。

しかし、実際に参加したのは息子の博人(市川右近)とその友達の二人。

人気もなく、チケットも売れなければ14億円は到底回収できないと焦る君嶋。

君嶋はただ試合に勝つだけでなく、客を集めて黒字にすることを最終的なゴールとしていました。

そこでプラチナリーグに参加するために日本蹴球協会に高額の参加費を払っていることを知った君嶋は、各チームのGMが集まる会議で収益向上のために話し合おうと決意。

しかし、協会専務理事の木戸(尾藤イサオ)や他チームのGMたちからはプロではなくアマチュアのスポーツであるラグビーが収益を最優先するのはどうかと思うと一蹴されてしまいます。

彼らにとって大切なのは組織を守ることで、新しいことを取り入れるのは難しいことなのでした。



Jリーグで大きな収益を挙げているクラブが集客や普及のためにファンクラブを設立していることを知った君嶋は、アストロズにもファンクラブを作ることを提案。

ファン獲得のために地元に密着した活動をしようと計画しますが、オフを削ることに選手たちは乗り気ではありません。

しかし、キャプテンの岸和田(高橋光臣)の言葉に背中を押されてボランティア活動を行うことに。

住民たちの反応は好評で、新生アストロズは順調な滑り出しを見せたかに思えました。

しかし、仕事以外はラグビー漬けで、その合間にボランティア活動をしている選手たちは次第にイライラを募らせていきます。

今はボランティアよりも練習を優先するべきだという選手たち。

そして大半の選手たちがボランティアをボイコットしてしまいます。



ある日、練習をしている柴門(大谷亮平)の元を七尾圭太(眞栄田郷敦)が訪ねてきました。

柴門と七尾は、柴門が大学で監督をしていた時に遠征先で出会いました。

才能のある七尾でしたが、試合中に膝を怪我して以来ラグビーからは離れていました。

安定した人生設計を優先した七尾は、トキワ自動車に一般枠で応募していたのです。



そんな中、バラバラになったチームをまとめようと頑張っていた岸和田が心身ともに疲労して練習中に怪我をしてしまいます。

病院に運ばれた岸和田の元を車椅子の少年・雄太(高木波留)が訪ねてきました。

雄太は大きな手術の前の日に岸和田からラグビーボールをもらったことで、手術を怖がらずに受けられたと言うのです。

それを聞いた岸和田は、逆に雄太から勇気をもらうことができました。

そして君嶋もまた自分の考えは間違っていなかったのだと感じていました。

そこで君嶋と岸和田は、少しでもラグビーファンを増やすためにもボランティアを続けて欲しいと選手たちに懇願。

二人の強い想いに打たれた選手たちは再びボランティア活動を行うことを決意するのでした。



そして迎えたプラチナリーグ第1節当日。

会場にはアストロズを応援しようと沢山の観客が訪れました。

その中には病院で出会った雄太や博人たちの姿もありました。



4話のあらすじはこちら
ノーサイドゲーム4話あらすじネタバレ!佐々が仕事でトラブル!新戦力が現れる?


スポンサーリンク


ノーサイドゲーム3話あらすじネタバレまとめ

ドラマ「ノーサイドゲーム」3話のあらすじをネタバレで紹介しました。

学生時代はお互いに良い印象を持っていなかった君嶋と柴門でしたが、次第に良きパートナーとなってきました。

3話では協会専務理事の木戸役で尾藤イサオさんが出演します。

個性派俳優の尾藤さんがどのような演技を見せてくれるのか楽しみです。


スポンサーリンク