ここでは、ドラマ「ノーサイドゲーム」2話のあらすじをネタバレで紹介します。

君嶋は城南大学の監督を退任したばかりの柴門に監督就任を打診しますが、断られてしまいます。

さらに滝川常務によるカザマ商事買収話が順調に進んでいると聞いた君嶋は、滝川がもし次期社長になれば本社に返り咲く可能性は限りなく0に近づくと不安になるのでした。

ここでは「ノーサイドゲーム」2話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


ノーサイドゲーム2話あらすじネタバレ

トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMとなった君嶋(大泉洋)はサラリーマンとして生き残るために部員たちと手を組むことを決意。

プラチナリーグ優勝という成果を出して本社に返り咲こうとしていました。

しかし、新監督が決まらないなど問題は山積みで君嶋は頭を悩ませてしまいます。

しかし、多英(笹本玲奈)の発した「監督は社長と同じ」という言葉から、優勝したことがある監督から選べばいいと思いついた君嶋。

ちょうど城南大学の監督を退任したばかりの柴門(大谷亮平)が新聞に載っていたことから、多英は柴門こそ適任だと口にします。

ところが、柴門と君嶋は大学時代の同期であり、素行の悪さから君嶋は柴門のことを嫌っていました。

もう少し考えさせてくれという君嶋ですが、やはり柴門以外には適任がおらず、結局柴門に監督就任を打診することに。

しかし、取り付くしまもなく断られてしまいます。

と言うのも、2年前のアストロズの監督人事の際に柴門の名前が挙がっていたが行き違いがあり、直前に断った過去があったのです。

当時アストロズの副部長をしていた滝川(上川隆也)がお金のかかるベテラン監督より、学生ラグビー上がりの若い監督の方が安く済むと判断した結果でした。

全てを知った君嶋は柴門に直接会ってお詫びをすることに。

そして柴門に改めて監督の打診をすると、一度見てから決めたいと返事をもらうことができました。



試合の様子を見た柴門は、鍛え方次第では可能性があると判断。

そして監督を引き受けても良いと返事をもらえました。

しかし、まずは部員たちに自分で良いか確認して欲しいと言うのです。

最終的な判断は部員たちに任せると。

柴門から一人一人に宛てた手紙を読んだ部員たちは、短い期間で自分たちの特性を見抜いた柴門を信じることに。

こうして正式に柴門がアストロズの新監督に就任することになりました。



ところが、柴門から追加で1億円の予算が必要だと言われた君嶋は頭を悩ませてしまいます。

さらに元上司の脇坂(石川禅)から、滝川によるカザマ商事買収話が順調に進んでいると聞いてさらにショックを受ける君嶋。

もし滝川が次期社長になった本社に返り咲くことなんかできないと嘆く君嶋を脇坂は一喝。

そんなわがままな監督の言うことに振り回されていては役員たちに目をつけられると言われた君嶋は、予算は増やせないと柴門に告げます。

それを聞いた柴門は、チームの勝利ではなく自分だけの勝利を考えるGMとはやっていけないと、出て行ってしまいました。

しかし、君嶋は柴門の監督としての才能を認めており、何とかならないかと考えていました。



そして迎えた最終予算案の提出日。

君嶋は柴門と相談して外国人選手の契約を切り、さらにコーチを雇わず、その浮いた予算を強化費に回すことに。

プラチナリーグで優勝してアストロズの名をこの国の人に広く知ってもらうことが我々の目標だと言う君嶋に、社長の島本(西郷輝彦)は賛成の意を示すのでした。



スポンサーリンク


ノーサイドゲーム2話あらすじネタバレまとめ

ドラマ「ノーサイドゲーム」2話のあらすじをネタバレで紹介しました。

2話ではアストロズの新監督・柴門琢磨役に大谷亮平さんが出演。

「逃げるは恥だが役に立つ」以来、3年ぶりのTBS連続ドラマ出演となります。

君嶋と紫門は大学時代に因縁がありましたが、今後はアストロズ再建を目指す最強のパートナーとなりそうで二人の関係に注目です。