ここではドラマ「トドメの接吻」8話で登場したロケ地について紹介しています。

2月25日放送のドラマ「トドメの接吻」8話で旺太郎(山崎賢人)が旺(光石研)に会いに行った港のロケ地が気になったので調べてみました。




スポンサーリンク

旺太郎が旺に会いに行った港のロケ地は?

旺太郎が宰子から促され、旺に会いに行った港のロケ地ですが、調べたところ千葉県浦安市にある浦安マリーナということが分かりました。



浦安マリーナはディズニーランドのすぐ近く、舞浜駅から徒歩15分くらいのところにある港で、小型の船を停留させることができる場所です。

実はこの浦安マリーナはロケ地としてよく利用されていて、ドラマでは「遺留捜査」「相棒14」、映画だと「特命係長 只野仁 ~最後の劇場版~」で使用されています。

また、バラエティ番組「ぐるナイ」でもロケ地として使われています。

都内からも近いので撮影するには便利でしょうね。


旺と光代が靴を渡した場所のロケ地は?

旺が光代に光太の靴を渡した場所は、埼玉県の川口駅前です。



川口駅前にはデッキがありますが、ちょうどその場所で撮影をしているようでした。

この場所は光代が光太のビラを配っているところなので、何度か登場しています。

個人的にですが、この川口駅前でロケをしている場面に遭遇したことがあり、そのときはオードリーがいました。



スポンサーリンク

8話のあらすじ


8話では、旺太郎と宰子(門脇麦)が美尊(新木優子)に招待され、並樹宅へ。

尊氏(新田真剣佑)は宰子が旺太郎の手助けをしているからうまくいっていると思い、宰子を問い詰めます。

一方、長谷部が入院している病院に旺太郎の父・旺が現れます。

しかし、翌日になると、長谷部が死んでいるのが発見されます。

その容疑者として逮捕されたのが旺でした。

旺太郎は怒りを爆発し過去に戻って旺を止めることを拒否します。

しかし、宰子の説得で旺太郎は過去に戻ることに。

一方、尊氏は宰子の秘密を知るため自宅のアパートまで来ますが、旺太郎がやって来て、旺太郎と宰子は尊氏の前でキスをするのでした…。


まとめ


ドラマ「トドメの接吻」の8話で出てきたロケ地を紹介しました。

8話では旺太郎が宰子の説得で過去と向き合うことができました。

しかし、尊氏の魔の手が宰子に…。

まだまだ謎が多いので、最後まで見逃せませんね。




スポンサーリンク