ここでは、ラジエーションハウス10話に登場するゲストキャストについて紹介しています。

出勤途中、五十嵐唯織(窪田正孝)はピレス教授から、新しく開発するソフトのメンバーにならないかと誘いのメールを受け取ります。

その頃、病院では、杏(本田翼)の父・正一(佐戸井けん太)が現れ、小野寺(遠藤憲一)たちは、正一がうつ病を患っていることを知り、驚愕。

そこへ、骨折の疑いのある子どもを連れた母親・嶋田茜(西原亜希)が診察を受けにやって来て…。

第10話のゲストは、西原亜希さん、梅沢昌代さん、丸川ゆいさんです。


スポンサーリンク


嶋田茜役に西原亜希

嶋田茜を演じる西原亜希さんは、神奈川県出身、1987年8月19日生まれの31歳。

石田ゆり子さんに似ていると話題の女優さんですが、所属事務所は相島一之さん、おかやまはじめさん、岩橋道子さんなど、舞台、テレビドラマで活躍する実力派俳優が多く在籍している藤賀事務所です。

中学1年生でスカウトされ、2003年に放送されたテレビドラマ「またも辞めたか亭主殿~幕末の名奉行・小栗上野介~」で女優デビューを果たします。

ちなみに、このドラマの主演は岸谷五朗さんですが、共演者は石橋蓮司さん、近藤正臣さん、伊東四朗さん、松重豊さん、西村まさ彦さん、石田えりさん、稲森いずみさん。

この豪華キャストの中、小栗上野介の養子・鉞子を演じました。

その西原亜希さんは、2019年6月21日から、池袋・サンシャイン劇場にて「アンフェアな月~刑事雪平夏見シリーズ~殺してもいい命」に出演予定です。

雪平夏見を篠田麻里子さん、安藤一之を松田凌さん、西原さんは雪平夏見の元夫・佐藤和夫の再婚相手・佐藤由布子を演じます。

今回の「ラジエーションハウス」では、骨折の疑いのある子どもをもつお母さん役です。


スポンサーリンク


鏑木聡子役に梅沢昌代

鏑木安富の妻・聡子を演じる梅沢昌代さんは、東京都出身、1953年7月27日生まれの女優です。

所属事務所は、甘春正一を演じている佐戸井けん太さんと同じシス・カンパニーに在籍しています。

梅沢昌代さんの主な活躍の場は、舞台。

2019年8月から9月にかけて、PARCO「人形の家 Part2」に出演予定です。

8月9日、紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAを皮切りに、北九州、富山、京都、宮崎、豊橋、仙台と回る予定だそう。

その後も、2019年2月、高橋一生さん主演の舞台「天保十二年のシェイクスピア」に出演が決定しています。

今回の役どころは、甘春総合病院で診療部長兼放射線科長を務める鏑木安富(浅野和之)の妻・聡子です。

鏑木は、辻村駿太郎の父・丈介(名高達郎さん)から系列病院の院長に任命されます。

その喜びから、妻・聡子と娘・加奈子(丸川ゆい)に「給料が倍になるから、ハワイ旅行に行こう」と誘います。

安易に喜ぶ鏑木を見て、聡子はどう答えるのでしょうか。


スポンサーリンク


鏑木加奈子役に丸川ゆい

鏑木加奈子を演じる丸川ゆいさんは、東京都出身、2001年10月11日生まれの18歳。

現在、テレビドラマ「パーフェクトワールド」に出演中の岡崎紗絵さん、人気雑誌GINGERなどでモデルとして活躍する谷川りさこさんほか、多くのモデルが在籍しているティートライブ エンターテイメントに所属しています。

今回の役どころは鏑木安富の娘・加奈子役です。

丸川さんの女優デビューは、2015年10月~放送されていたラジオドラマ「サタデードラマハウス 美女子劇場」。

出演していたラジオドラマは「虹の橋を渡って」でした。

テレビドラマより演じるのが難しいラジオドラマ…。

加奈子をどんな風に演じてくれるのか、期待がふくらみますね。

18歳とまだ若い丸川さんの初々しいドラマデビューを見守ってあげましょう。

まとめ

ラジエーションハウス10話のゲストキャストを紹介しました。

今回のテーマは、子どもの骨折でした。

初回12.7%で始まった「ラジエーションハウス」ですが、前回の第9話の視聴率は11.5%。

4話を除けば10%代をキープしています。

10話でラストのドラマが多いですが、11話までありそうです。

唯織と杏の関係は、どんな結末が待っているのでしょうか。


スポンサーリンク