ここでは、原田知世さんの学歴(出身高校・大学)や経歴についてなどのプロフィールについて紹介しています。

朝ドラ「半分、青い。」で佐藤健さん演じる律の母親・和子を演じたかと思えば、「あなたの番です」では田中圭さんと夫婦役を務めるなど幅広い役で活躍しています。

田中圭さんとの年齢差も話題になっています。

そんな原田知世さんの学歴(出身高校・大学)や経歴についてなどのプロフィールを深掘りしていきたいと思います。


スポンサーリンク


原田知世のプロフィール

名前 原田知世
ふりがな はらだ・ともよ
生年月日 1967年11月28日
出身地 長崎県
血液型 A型
身長 160cm
趣味 エレクトリックバクパイプ、旅行
特技 作詞、クラシックバレエ
事務所 ショーン・ハラダ、パシフィックボイス(業務提携)


原田知世さんの年齢は、なんと51歳!(2019年5月現在)

とてもそんな年齢には見えませんよね。

女優業では透明感のある清廉なイメージがありますが、近年はNHK連続テレビ小説などで母親役を演じています。

女優だけでなく、歌手活動もしていて、バンド・pupaではボーカルを担当しています。

また、女優の原田貴和子は実のお姉さんです。

亡くなったお父さんは俳人としても知られていて、原田左斗志という俳号でした。

2005年5月にイラストレーターのエドツワキと結婚しましたが、2013年12月に離婚しています。


スポンサーリンク


原田知世の学歴・出身高校や大学は?

原田知世さんの出身小学校は長崎市立西北小学校です。

運動会でなんと地下足で走ったことがあるそうです。

出身中学校は長崎市立岩屋中学校です。

中学時代はCHAGE and ASKAの大ファンだったそうです。

姉と一緒にコンサートに行き、握手をしてもらったことがあります。

また球技が苦手でバレーボールのときは、ボールが来ない隅っこにいました。

出身高校は日出女子高校(現在の日出高校)です。

高校時代はかなり芸能活動が忙しく、放課後になるとマネージャーが毎日迎えに来ていました。

大学には芸能活動に専念するため進学していません。


スポンサーリンク


原田知世の経歴・デビューのいきさつは?

1982年に中学3年生の時に「角川映画大型新人募集」に応募して特別賞を受賞し、14歳で芸能界入りをします。

フジテレビの「セーラー服と機関銃」に主演して女優デビューを果たします。

同時に主題歌「悲しいくらいほんとの話」で歌手デビューもします。

1983年の映画「時をかける少女」で映画デビューをします。

この映画で日本アカデミー賞ほか各映画賞の新人賞を受賞します。

薬師丸ひろ子に次ぐ大型新人として話題になり、「角川三人娘」として薬師丸ひろ子・渡辺典子・原田知世の3人の中の末っ娘としてアイドル的な人気になりました。

1985年に映画「早春物語」に主演し、同名主題歌「早春物語」も歌います。

第36回NHK紅白歌合戦に歌手として「早春物語」で初出場します。

1987年にデビュー以来所属していた角川春樹事務所を独立し、お姉さんの原田貴和子とともに事務所「ショーンハラダ」を設立しました。

同年公開の主演映画「私をスキーに連れてって」では、スキーブームを起こしました。

2007年に高橋幸宏らとバンド「pupa」を結成します。

オリコンチャートによると、原田知世さんのシングルの累計売上は2010年までに194万枚、アルバムは2005年までに81万枚を記録しています。

2011年にNHKの連続テレビ小説「おひさま」に出演します。

初のお母さん役で、役の話をもらったときは頑張らなくてはと気負っていたそうです。

2018年に再びNHKの連続テレビ小説「半分、青い。」にお母さん役で出演します。

難しい役でしたが魅力的な役だったと話しています。

まとめ

原田知世さんの学歴(出身高校・大学)や経歴についてなどのプロフィールについて紹介しました。

素敵なお母さん役でも知られる原田知世さん。

4月からは戦慄の交換殺人ミステリー・ドラマ「あなたの番です」にて、田中圭さんとダブル主演を務めています。

優しくてしっかり者の姉さん女房役ですが、秘密を抱えた役どころです。

2人の実際の年齢差が17歳もあるのですが、原田さんが可愛らしいので全然違和感がありませんよね!


トップ画像の引用:パシフィックボイス公式ホームページ(http://www.pacvoice.com/manage/tomoyoharada/?fbclid=IwAR2mY1UBVLAYTBnBFoVlppTxvCpx6O_zh9l8KW35scPtBUqmhDbklyWrq1c)


スポンサーリンク