ここでは2018年1月7日から放送されるドラマ「トドメの接吻」に出演する菅田将暉さんについて紹介しています。

トドメの接吻


ドラマ「トドメの接吻」は山崎賢人さん演じるホストが謎の女からのキスで死に、7日前に戻るを繰り返すタイムリープに陥るという変わった物語。

その中で、菅田将暉さんが演じる役や主題歌について紹介していきます。


スポンサーリンク

菅田将暉の経歴



菅田将暉さんは大阪出身の俳優で、1993年2月21日生まれの24歳です。

2009年放送の特撮「仮面ライダーW」でフィリップ〈園咲来人〉 / 仮面ライダーW役として初出演。

2013年に公開された映画「共喰い」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞して、注目を集めました。

その後、ドラマ「民王」で主演を務めたり、KDDIの「au三太郎シリーズ」で鬼役をするなど人気を博し、2016年にはブレイク俳優1位にもなりました。



また、俳優以外に歌手としての顔も持っています。

2016年「au三太郎」の応援編で使用された楽曲を歌ったり、2017年公開の映画『キセキ -あの日のソビト-』では役の延長で「グリーンボーイズ」を結成し、CDデビューを飾ります。

2017年からはソロ歌手としても活動をしています。


菅田将暉が主題歌



菅田将暉さんはドラマ「トドメの接吻」で主題歌を務めることになりました。

曲名は「さよならエレジー」で作詞・作曲は石崎ひゅーいが手がけています。

この「さよならエレジー」は12月25日放送の「菅田将暉のオールナイトニッポン」で初オンエアされます。

また、ドラマ放送開始の1月7日から先行配信もされます。



菅田将暉さんはこれまで2枚のソロ曲を披露していて、主題歌が3曲目です。

一曲目はauのCMに起用された「見たこともない景色」。

二曲目は自身が作詞したラブソング「呼吸」。

そして三曲目が今回の主題歌「さよならエレジー」。

今回の曲について、菅田将暉さんは「どこか切ない言葉」の歌詞が特徴と話しています。

ドラマのテーマに沿った内容になっているとのことですが、どんな曲か楽しみですね。



スポンサーリンク

ドラマ「トドメの接吻」春海一徳の役どころは?



菅田将暉さんは主題歌だけでなく、ドラマにも出演します。

菅田将暉さんが演じる春海一徳は、主人公・堂島旺太郎(山崎賢人)が住むアパートの近くで演奏する謎のストリートミュージシャンです。

旺太郎にアドバイスをするという役どころなのですが、まだまだ分からないことが多いですが、物語の鍵になりそうな予感はしますね。


まとめ

ドラマ「トドメの接吻」に出演・主題歌を担当する菅田将暉さんに紹介しました。

菅田将暉さんと主演の山崎賢人さんは仲の良い友人で、一緒に共演したいと話していたそうです。

若手俳優でも人気のある2人が出演するトドメの接吻はかなり注目が集めそうです。




スポンサーリンク