ここではドラマ「高嶺の花」のキャストやあらすじについて紹介しています。

2018年7月11日(水)夜10:00から、石原さとみ、峯田和伸、芳根京子出演のドラマ「高嶺の花」が放送されます。

そこで、ここではドラマのキャスト、あらすじ、主題歌などをまとめて紹介したいと思います。



スポンサーリンク


ドラマ「高嶺の花」のあらすじなど基本情報


放送開始日 7月11日(水)
放送時間 夜10:00〜11:00
初回は11:10まで
放送局 日本テレビ系


ドラマ「高嶺の花」は原作のないオリジナルストーリーです。

脚本を担当するのは野島伸司さん。

1991年放送のドラマ「101回目のプロポーズ」や2003年放送のドラマ「高校教師」などで脚本を担当しています。

一方は名門家のお嬢様、一方は金も名声もない平凡な男、そんな2人を描いた格差恋愛ストーリー。

主人公の月島もも(石原さとみ)は、華道の名門本家「月島流」に生まれたお嬢様。

商店街で自転車店を営む風間直人(峯田和伸)は、月島ももの恋人になっていく人物で、金も名声もなく、ごく平凡な男。

華道の才能もあり、容姿も端麗ですが、婚約者の吉池拓真(三浦貴大)に裏切られて結婚式の当日に破談してしまい、深く傷ついたももは自信も才能も揺らいでしまいます。

ある日、自転車の乗っている際に転倒してしまったももがたまたま直人の自転車店を訪れ、そのことがきっかけで一方はお嬢様、一方はごく平凡な男の格差恋愛がスタートしていきます。

主演の石原さとみさんは日本テレビの「水曜ドラマ」枠で主演を演じるのは約1年半ぶり。

峯田和伸さんは俳優業だけでなく、「銀杏BOYS」というバンドでミュージシャンとしても活躍。

このドラマには、石原さとみさん、峯田和伸さんの他にも小日向文世さんや戸田菜穂さんという実力派俳優や千葉雄大さん、三浦貴大さんなどの若手俳優さんも多く出演しています。各俳優さんの演技にも注目です。

主題歌は、エルビス・プレスリーの名曲「ラブ・ミー・テンダー」。

日本のドラマで「ラブ・ミー・テンダー」が主題歌になるのは初みたいです。


スポンサーリンク


ドラマ「高嶺の花」キャスト

月島もも/石原さとみ

華道の名門「月島流」の長女。

風間直人/峯田和伸

商店街で自転車店を営む平凡な男。

宇都宮龍一/千葉雄大

新興流派の華道家。

月島市松/小日向文世

「月島流」の家元で、ももの父親。

月島ルリ子/戸田菜穂

市松の妻で、ももの継母。

月島なな/芳根京子

ももの異母妹。

吉池拓真/三浦貴大

ももの元婚約者。

高井雄一/升毅

月島家の運転手。

田村幸平/袴田吉彦

タクシーの運転手。

原田秋保/高橋ひかる

コスプレ娘で、直人の店の店番。

原田太郎/吉田ウーロン太

肉屋の店主で、秋保の父親。

今村佳代子/苗木優子

スナック喫茶のママ。

今村芽衣/田畑志真

佳代子の娘。

風間節子/十朱幸代

直人の母親で、長く病床にある。物語の序盤で亡くなる?

まとめ

ドラマ「高嶺の花」のキャストやあらすじについて紹介しました。

石原さとみさんと峯田和伸さんの組み合わせというだけで面白いドラマになる予感がしますね。

風間直人の母親で、病床にある節子役を十朱幸代さんが演じており、十朱幸代さんは2013年に放送されたスペシャルドラマ「The Partner 〜愛しき百年の友へ〜」で、大岩真知役を演じて以降、約5年ぶりのドラマ出演で、どのようなかたちでの出演になっているかも気になります。

今、注目されている若手の俳優さん達も数多く出演しているので、若手俳優さんの演技に注目しつつ、お気に入りの俳優さんを見つけるのも1つの楽しみかも知れません。

個人的にはこれから伸びるであろう田畑志真さんの演技に注目しています。

「高嶺の花」の前に放送された「正義のセ」では、「仕事」を頑張る女性がクローズアップされたドラマでしたが、「高嶺の花」では「格差恋愛」がクローズアップされた珍しい作品になっています。

どういった展開で、「格差」を乗り越え恋愛に発展していくのか楽しみです。