ここでは、ドラマ「海月姫」最終回の感想を紹介しています。

いよいよ最終回ですね。

最終回で気になるのはやっぱり月海の恋の行方。

9話で修にプロポーズをされた月海はまだ返事をしていません。

蔵之介は一体どんな行動をとるのでしょうか?

そして最後にみんなでファッションショーを開催することに!

絶対に見逃せません。ラストシーンは今期のドラマの中でもキュンキュンした内容になっています。




スポンサーリンク


最終回の感想


最終回を見た人の感想を紹介します。


30代女性


目白先生役を誰がするのか気になっていましたが、まさかの滝藤賢一さんでかなりびっくりしました。しかも原作とは違う強引なねじ込み方で、二度驚かされました。月海は予想通り蔵之介を選びましたが、いきなり遠距離恋愛になってしまったのはちょっと残念でした。ただ、今後修がまた挽回できるかもしれない余韻もあったので、三角関係は完全に終わっていない気がしました。ショーの時間が短かったのはちょっと残念でしたが、水族館という幻想的な空間はとても素敵でした。

30代男性


最後のファッションショーで尼~ずや蔵之介がメイクアップせずにステージへ出ていく展開に驚きました。それを実行できたのは、ここに辿り着くまでのあれこれで彼女達が自分に少し自信を持てるようになったからでしょうか。それと仲間の存在ですかね。度重なる解散の危機に見舞われながら、それでもここまで一緒にやってきた、かけがえのない仲間達ですからね。そんな仲間と一緒ならば、一人では難しい事でも勇気を出して頑張れる。月海を巡る恋のバトルも面白かったですが、それと同じくらい尼~ずの友情ストーリーも楽しかったです。

40代女性


「海月姫」はドラマverと映画verを見ましたが、終わり方はドラマverの方が良かったかな。あと菅田将暉くんより瀬戸康史くんの方が可愛かったです。チョイ役で滝藤賢一さんが出たのが面白かったです。

40代男性


月海が蔵之介と修どちらを選ぶのか、最後までわかりませんでしたが、修が身を引く形で決着しましたね。修も月海への想いは蔵之介に負けていないはずなのに、最後の引き際は格好いいなと思いました。そして蔵之介が月海に想いを伝えらずにいぬまま最後まで進んでいくのかと想いきや月海の方から接近するとは意外でした。月海がデザイナーとして蔵之介や尼〜ず、修との出会いによって、大人として成長出来たから、蔵之介への想いも自分から伝えられたのだと思います。月海と蔵之介が自分のやりたいことを見つけて2人で歩んでいく結末になって、良いエンディングでした。

40代女性


とっても面白かったです!いつも7歳の娘と一緒に楽しみにしていました。小学校で流行っていて、みんな今日海月姫最終回だよ!って言っていたそうです。最初憎たらしかった稲荷さんが最後可愛く見えました。やっぱり悪役の人って面白いですね!要潤さんも真顔でいい味出してました。最後目白先生のインパクトが凄かったです。出ただけで笑いを取れるなんてスゴイです。あの変な喋り方の尼〜ずにもう会えないなんて寂しいです。私も昔、蔵子みたいな人がいたので、自信を持って好きなことを思い切りやる事が出来たのを思い出しました。最後みんな仲良くなって、後味の良いドラマでした。視聴率が悪くても私は好きです!

20代女性


卒業制作という名のファッションショーを通して、尼~ずが本当の意味で一つになったように感じました。まややだけではなく、ばんばさんやジジ様のそれぞれの魅力も引き出されていて、思わず見入ってしまいました。ドレスのクオリティーも高く、技術スタッフの細部までのこだわりを感じました。また、ファッションショー終盤で蔵之介がタキシード姿で出てきた所はときめきました。不意打ちの「愛してる」に惚れない人はいないと思います。

40代男性


うまくまとめたキレイなラストだったと思います。こんな形で、カイフィッシュが天水館にかかわるとは思わなかったのでびっくりです。CEO解任がいい形になってよかったです。彼がいれば、月海たちも心強いでしょう、ビジネス的な面は任せられるでしょうから。結局は、月海は蔵之介を選んだのかというのが何ともいえないですね。少し、ぼやっとした感もあったけど、最期、月海は蔵之介にキスしたから、やはり蔵之介を選んだということでしょうから。できれば、修を選んでほしかったです。彼が、本ドラマでは一番成長したと思いますよ。結局、修は翔子(泉里香)に押し切られそうです。この2人のアフターストーリーが見たいです。

20代女性


ハッピーエンドで終わり、良かったなと感じました。蔵之介の女装姿も毎回可愛くて良かったのですが、男の姿に戻った時は本当にカッコ良くて惚れました。特にタキシード姿で現れ、月海に「愛してる」と言ったシーンは最高でした。月海は初めて自分から蔵之介にキスをし、蔵之介と出会って成長したなと思います。最後に蔵之介が実は男なんだとみんなに告白した後、まさかの目白先生が出てきて男だったと分かった瞬間は衝撃的でした。とても面白いドラマだったので続編があればいいなと思います。

30代男性


滝藤賢一が目白先生役で出てきたのにびっくりしました。まさか、たった一瞬のためにキャスティングされているとは思いませんでした。しかも、千絵子に惚れているのにもびっくりしました。花森が最終回もいい味だしていたのがよかったです。ばんばさんを口説き、秘密をどんどんバラすお調子者キャラは最高でした。ジャージ素材でドレスをつくり、皆でそれを着るという展開もよかったです。彼女たちの成長っぷりがちゃんと反映される終わり方でよかったです。

30代男性


月海が蔵之介に惚れてしまっている事を知った修が、蔵之介の母親の言葉を伝えて去っていく姿が潔くカッコいいと思いました。そんな修に惚れてしまっている稲荷の行動が面白く何とか落とそうとしますが即座に断られ、鯉淵家の中に勝手に進入したり、最後のシーンで月海の格好を真似しているのが可笑しく笑いがとまりませんでした。月海たちがパーティーをしている時に、入って来ていた目白先生には驚きましたが、更に男と笑いながら紙に書いて告白する場面は面白く、短い時間にも笑いを詰め込んだと思いました。


スポンサーリンク


まとめ


「海月姫」最終回の感想を紹介しました。


「愛してる」


ファッションショーの最後、蔵之介が月海の手をつかんで言ったこの言葉、最高にカッコ良かったですよね。

そしてラストの2人のシーンも月海らしくて可愛かったです。

もし見逃したのなら、ラストシーンだけでも見てください。

ハッピーな気持ちになれますよ!


スポンサーリンク