ここでは、ドラマ「リカ」1話のあらすじをネタバレで紹介します。

「リカ」は、五十嵐貴久原作の「リカ」シリーズの中から「リカ」「リハーサル」をドラマ化。

主人公リカは家族への愛を求めるがゆえに手段を選ばないストーカーになってしまいます。

ここでは「リカ」1話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


リカ1話あらすじネタバレ

部屋で入念にに化粧をしている雨宮リカ(高岡早紀)の周りには、ハバ-リュウムがたくさんあります。

花山病院の大矢昌史(小池徹平)の元へ、1本の赤いバラのハ-バ-リュウムが送られてきます。

花山病院では看護師補充の面接をしていましたが、最後の一人にリカが現れます。

リカは自己紹介で「28歳です」と話し出し、前の病院は体調を崩して辞めたと話します。

家族のことを聞かれると「もう皆他界しました」と答えるのでした。

最後にリカは日本善医師協会前会長の推薦状をかばんから取り出します。

看護師長の小山内則子(池谷のぶえ)はそれを受け取るとき、左手に赤いアザがあることに気が付きます。

リカの怪しげな空気に違和感を抱いた小山内でしたが、この病院で入院している大矢の叔父の院長・花山大次郎(西岡德馬)の勧めでリカは仮採用となりました。

看護師採用になったリカですが、笑顔もなく舌打ちをする行為に、看護師長は目を光らせていました。



ゴミを捨てに来たリカは、院長の世話をしている看護師の森田綾乃(立花恵理)がストレスでタバコを吸っている姿を見かけます。

院長が脳梗塞の影響で半身不随だと知らされたリカは、同情をするふりをして院長の世話を時々交代する約束をするのでした。



病院に急患がやって来ます。

リカは応急処置を済ませ大矢に引き渡し、一緒に処置をします。

手際よく作業をするリカに驚く大矢。

処置が終わったあと、リカは大矢が使用した手袋を持ち帰ります。

それをハ-バリュウムにし鑑賞するのでした。


1ヶ月前。

リカがレストランで食事をしていると大矢の姿を偶然見つけます。

大矢はバラを持っていました。

そこで急に他の客が倒れ大矢とリカは応急処置を施し病院に搬送したのでした。

大矢はリカに感謝の言葉を伝え、リカは大矢が落としていった2本のバラを持ち帰ったのでした。

小包で送られてきた1本のバラはリカが大矢に贈ったものでした。

一方、大矢は婚約者の佐藤真由美(山谷花純)と食事をしているとき、優秀だが変わっていると話すのでした。



院長の世話をしているリカは、重症患者の熊沢のことを聞きます。

身寄りのいない熊沢のために大矢は夜を徹して看病をしていました。

そんな大矢のために何とかしてあげたい気持ちになるリカ。

大矢と話している中で、リカは大矢との結婚の妄想が始まりだしてしまう。

熊沢の病室に入ったリカは、小山内と出くわしますが、「部屋を間違えた」と去っていきます。



ある日、勤務を終えたリカが帰ると、病院で火災が発生します。

火元は森田がタバコを吸っていたゴミ捨て場。

幸い看護師たちの消火活動のおかげで、火事を食い止めることができました。

しかし、その間にナースコールがずっとなっていることを聞かされた看護師たち。

鳴っていたのは熊沢からでした。

しかし、駆けつけたときには容態が急変してしまい亡くなってしまったのでした。

死因に不信感を持った小山内はリカが熊沢の病室にいたことを思い出します。

小山内は以前から気になっていたリカを呼び出し熊沢の不審な死に関与しているのではないかと問い詰めます。

そこでリカの不可解な答えを聞いた小山内は使用期間が終了したらやめてもらうと宣告します。

それを聞かされたリカは動揺し、あることを思いつくのでした。

ある日、ナースコールで呼ばれた小山内が非常階段の中に入っていきます。

すると、誰かがいたことに驚く小山内。

その後、看護師長が頭から血を流し、階段から落ちたところが発見されるのでした。

現場には、はずれた手すりが落ちていたのでした。

2話のあらすじはこちら
リカ(ドラマ)ネタバレ2話!リカが大矢に迫る…新たな犠牲者が?


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「リカ」1話のあらすじをネタバレで紹介しました。

リカのターゲットになるのは、小池徹平さん演じる外科医の大矢と大谷亮平さん演じる映画プロデューサーの本間。

2人はリカと出会ってしまったことで、どんな結末を迎えるのでしょうか。

狂気に満ちたリカのストーカーぶりに注目です。