ここでは、ドラマ「ルパンの娘」1話のあらすじをネタバレで紹介します。

泥棒一家「Lの一族」の娘で家族の誰よりも盗みの才能を持つものの、普通に生きていくため図書館司書として働く主人公の三雲華。

公務員としか聞いていなかった恋人の桜庭和馬が警察官だと知った華は、和馬を諦めようと決意します。

その頃、何も知らない和馬は先輩刑事からの指示で「Lの一族」を捕まえようとしていました。

ここでは「ルパンの娘」1話のあらすじをネタバレで紹介します。


スポンサーリンク


ルパンの娘1話あらすじネタバレ

図書館に勤める三雲華(深田恭子)は、恋人の桜庭和馬(瀬戸康史)の家族を初めて紹介されました。

しかし、華が図書館勤めだと聞いた和馬の父・典和(信太昌之)や母・美佐子(マルシア)は交際を大反対。

桜庭家は代々警察官の一族のために結婚相手は警察官しか認められないと言うのです。

和馬が公務員としか聞いていなかった華は警察官だと聞いて驚きを隠せずにいました。

それもそのはず、華は泥棒一家“Lの一族”の娘だったのです。

そのため華は和馬を諦めようと考え始めていました。



その頃、和馬は結婚を許してもらうために必死で家族を説得していました。

すると典和は、和馬が捜査一課の刑事になれたら華との交際を認めても良いと言うのです。

そこで和馬は警視庁捜査三課の先輩刑事・巻(加藤諒)にどうすれば捜査一課の刑事になれるのか相談することに。

すると巻は、先祖代々家族全員が盗みの専門家であるLの一族を捕まえろとアドバイス。

捕まえたら大手柄だと言われた和馬は彼らを捕まえる決心をするのでした。



華は家族の誰よりも盗みの才能を持ちながらも家業を継ぐことを拒んで普通に生きていくため図書館司書として働いていました。

そんな華と和馬の出会いは一年前の七夕の日に遡ります。

華は図書館で子供達に絵本の読み聞かせをしていました。

読み聞かせながら両親が真面目に働いてくれないことを悲しんで泣いていると、そこへ和馬が現れてキスをしたのです。

和馬は華が絵本を読んで感極まって泣いたのだと勘違いしたのでした。

華は自分の宿命を忘れるくらい舞い上がり、もしかしたらこのまま結婚もできるのではないかと期待するようになっていました。



結婚の許しをもらえた和馬は華を誘って婚約指輪を見に行くことに。

しかし、和馬との別れを決意した華はいつ切り出そうかと悩んでいました。

そこへ偶然華の母・悦子(小沢真珠)が現れます。

悦子は宝飾店へ下見に来ていたのです。

和馬が華の彼氏だと知った悦子は、父の尊(渡部篤郎)を誘って4人で食事をすることに。

しかし、和馬が公務員だと知った尊は彼に泥棒の素質はなく、婿養子には向いていないと断言。

そして悦子と2人で昼間訪れた宝飾店に行ってしまいました。

しかし、そこで尊と悦子が目にしたのは宝飾店を襲った2人組の男性が何者かに殺されるところでした。



その頃、和馬は宝飾店を襲った男性2人組の行方を追っていました。

華はその2人組を殺害したのが自分の両親ではないかと疑っていましたが、実際は宝飾店の社長と龍崎組が組んだ自作自演だったのです。

両親はその計画を知り、龍崎組から全てを奪おうと考えていたのです。

危ないからと反対する華でしたが、和馬が龍崎組に襲われそうになっているのを知って両親と共に助けに行くことに。

そして、間一髪のところで無事に和馬を助けることができました。



警察組織では結婚相手の素性を調べることが決まりごととされていました。

巻から受け取った報告書には華の父親が海外を飛び回るハイパーソーシャルクリエイターだと記されていました。

勘違いした和馬は日本にいる間に華の両親に会いたいと、自分の家族を連れて家を訪ねてきました。

何も聞かされていなかった華は突然のことに激しく動揺するのでした。


スポンサーリンク


まとめ

ドラマ「ルパンの娘」1話のあらすじをネタバレで紹介しました。

主人公である泥棒一家「Lの一族」の娘・三雲華を演じるのは深田恭子さん。

映画「ヤッターマン」でドロンジョを演じて以来10年ぶりの泥棒役です。

図書館司書として普通に働く「昼の顔」と「夜の顔」の二面性を声のトーンでうまく表現していましたね。

また、途中でミュージカル調なシーンでは唄を歌っていましたが、あれは地声なのでしょうか?

ストーリーは単純でしたが、かなり凝っているところが多く、突っ込みどころ?満載で面白かったです。

2話以降もどんな演出があるのか楽しみですね。


スポンサーリンク