ここでは、「結婚できない男(第1シーズン)」のドラマ内で流れていたクラシックの曲名についてご紹介します。

独身生活を満喫する「結婚できない男」の主人公・桑野信介(阿部寛)は、趣味であるクラシックの音楽鑑賞を周囲の迷惑を顧みず大音量で楽しみます。

時には曲に合わせて指揮の身振り手振りをする姿も。

隣人の田村みちる(国仲涼子)が、愛犬のケンと遊んでいるのを男とイチャついている勘違いした桑野は、当てつけに大音量でクラシック音楽を流したりと、ちょくちょくクラシックの音楽はドラマ内に登場。

そんな「結婚できない男(第1シーズン)」のドラマ内で流れたクラシック音楽の曲名を一覧にしてご紹介していきます。


スポンサーリンク


結婚できない男クラシックの曲名一覧

ここからは、「結婚できない男」の各話で流れていたクラシック音楽を一覧にしてご紹介します。

1・2話で流れたクラシックの曲名は?

第1話で流れた1曲目の曲名は、グスタフ・マーラー作曲の「交響曲第5番嬰ハ短調・第5章」。



2曲目の曲名は、ドミートリイ・ショスタコービッチ作曲の「交響曲第5番第4楽章」。



3曲目の曲名は、同じくショスタコービッチ作曲の「交響曲第5番ニ短調・作品47 第4楽章」。

第3話で流れたクラシックの曲名は?

第3話で流れた曲名は、リヒャルト・ワーグナー作曲の「歌劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第1幕への前奏曲」。

第4話で流れたクラシックの曲名は?

第4話で流れていた曲名は、フランツ・ペーター・シューベルト作曲・ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ作詞/大木惇夫・伊藤武雄共訳の「歌曲『魔王』」。

第5話で流れたクラシックの曲名は?

第5話で流れていたクラシック曲は、第1話で流れていたマーラーの曲。

2曲目の曲名は、フランツ・ペーター・シューベルト作曲の「アヴェ・マリア」。

第6話で流れたクラシックの曲名は?

第6話で流れていたクラシックの曲名は、エドワード・エルガー作曲の「威風堂々」。

第7話で流れたクラシックの曲名は?

第7話で流れていたクラシックの曲名は、ベドルジフ・スメタナ作曲の「連作交響詩「わが祖国」より「モルダウ」」。

第8話で流れたクラシックの曲名は?

第8話で流れたクラシックの曲名は、第1話、第2話、第5話で流れたマーラーの作曲した「交響曲第5番嬰ハ短調第3楽章」。



2曲目の曲名は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲の「交響曲第41番第1楽章「ジュピター」」。

第9話で流れたクラシックの曲名は?

第9話で流れていたクラシックの曲名は、モデスト・ムソルグスキー作曲の「ピアノ組曲「展覧会の絵」より「プロムナード」」。

第10話で流れたクラシックの曲名は?

第10話で流れていたクラシックの曲名は、ジョアキーノ・アントーニオ・ロッシーニ作曲の「歌劇「セビリアの理髪師」」。

第11話で流れたクラシックの曲名は?

第11話で流れたクラシックの曲名は、アントニン・ドヴォルザーク作曲の「交響曲第9番「新世界より」」。

第12話で流れたクラシックの曲名は?

第12話で流れていたクラシックの曲名は、ジャコモ・プッチーニ作曲の「歌劇「ジャンニ・スキッキ」より「私のお父さん」」。



2曲目の曲名は、ヨハン・シュトラウス2世作曲の「皇帝円舞曲」。



3曲目の曲名は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートヴェン作曲の「交響曲第7番第1楽章」。



個人的には、グスタフ・マーラーの曲が比較的多いと思います。

桑野はマーラーのファンなんですかね。


スポンサーリンク


実はクラシック以外にも聴いていた!?

桑野が聴くのは、基本的にクラシックの名曲ばかりですが、第8話の「犬がキライで悪いか!!」でタイタニックのプラモデルを作っている時に流れていたBGMがセリーヌ・ディオンの「My Heart Will Go On」でした。

レオ様ことレオナルド・ディカプリオの出世作となった1997年12月公開のハリウッド映画「タイタニック」の主題歌ですね。

バックテーマとして流れていたので、桑野自身が聴いていた曲ではないかも知れませんが、桑野がタイタニックを大好きなことが分かるワンシーンでした。


スポンサーリンク


まとめ

今回は、「結婚できない男」のドラマ内に流れていたクラシックの曲名を一覧にしてご紹介しました。

2019年10月から「火9ドラマ」枠で13年ぶりに復活する「結婚できない男」ですが、第2シーズンではどんなクラシックの名曲を聴くのか気になります。


スポンサーリンク