ここではドラマ「anone」で6話で登場したキャストについて紹介しています。

6話のラスト、紙野彦星くんの病院を訪ねてきた女性がいました。

「助けに来たよ」と彦星くんの手を握ったところを見ると、何やら深い関係がありそうな気配…。

名前は「香澄」というようですが、この女性を演じている人が気になったので調べてみました。




スポンサーリンク

6話で登場した香澄役は?


6話のラストで彦星くんの病室にあらわれた、香澄という女性。

この女性を演じているのは、藤井武美さんです。


藤井武美さんは、1994年12月5日生まれの23歳。

2013年公開の映画「東京シャッターガール」で主演、2018年公開の映画「風の色」でも主演務めています。

映画だけでなく、ドラマやCM、MVなど幅広く活躍しています。

ネットで検索していると「草川拓弥」というのが関連で出てきます。

草川拓弥は超特急のメンバーで熱愛が噂されています。


紙野彦星との関係は?

anoneでは6話のラストに少しだけ登場しました。

名前は香澄茉歩で、彦星くんと何やら関係がありそうですね。

高級車から降りてきたところをみると、お金持ちの人なのかなという印象。

神妙な顔つきで「助けに来たよ」と言い、彦星くんの手を握っていました。

何から助けるのでしょうか?話の流れから考えれば病気とは思いますが、彦星くんとはどんな関係なのか気になりますね。



スポンサーリンク

8話で関係が明らかに

8話で茉歩が彦星の携帯を使ってハリカと接触しました。

そして、ハリカに彦星との関係を聞いていましたよね。

恋人ではないと分かって安心していた茉歩は、その後彦星とは高校の時の同級生で、一緒にいじめをしている子を助けたと話していました。


その後、茉歩が父親のお金で彦星を助けようとしていることが分かります。

そのことに彦星は怒りをぶつけていました。

茉歩は彦星のことが好きだったから助けたかったんですね。

でも、そんなことをされたら彦星はもう何もできなってしまいます。

ただ、この出来事が彦星とハリカの関係を進展させるきっかけになりました。


まとめ

ドラマ「anone」6話に登場した香澄役の藤井武美さんについて紹介しました。

6話で新たに登場した人物・香澄茉歩。

今後、ハリカと彦星の関係にどう絡んでいくのでしょうか。

かなり注目が集まりそうです。




スポンサーリンク