ここではドラマ「99.9」4話の中で放送されていた「MONSTER COOKING(モンスタークッキング)」について紹介しています。

2月4日放送のドラマ「99.9」のオープニングシーンで、加奈子が小料理屋いとこんちでテレビを見ながらメモをとっていました。

そのテレビ番組が「MONSTER COOKING(モンスタークッキング)」という料理番組です。

この番組が99.9時間(2月8日(木) よる9時54分まで)で限定配信されています。

中西学さんと北村克哉選手が出演する、この番組の内容を紹介したいと思います。




スポンサーリンク

MONSTER COOKING(モンスタークッキング)の内容

↑2月8日(木)よる9時54分までなら視聴できます。


クッキングと付いているだけあって、MONSTER COOKINGは料理番組です。

出演はプロレスラーの2人、中西学さんと北村克哉選手。

番組で作る料理は「特大☆中西ジャーマンポテト」です。

しかも17品目らしいです。どんだけ作っているんですかね笑。

作り方はこちら。


特大☆中西ジャーマンポテトのレシピ

1、ジャガイモの皮をむき、芽を取り、電子レンジでチンをする

2、ニンニクはまな板の上に乗せ、手でつぶす

中西選手の豆知識
ニンニクは手で潰した方が香りが立つ

3、たまねぎは食べやすいサイズに手でちぎる

中西選手の豆知識
たまねぎは手でちぎった方が断面が広がり味が付く

4、ベーコンは1cmブロックに切る

中西選手の豆知識
肉は手の温度で脂が溶けるので包丁で切る

5、にんにく、たまねぎ、ベーコンをいれ、炒める

6、コンソメを大さじ2…ではなく、小さじ2入れる

7,じゃがいもをいれ、蓋をして3分蒸す

8、最後にパセリをちらして、お皿に盛って完成



出演しているお二人は、おそらくほとんど料理をしないんでしょうね。

じゃがいもの皮をむくときのピーラーがすごくぎこちなかったです。

ただ、プロレスラーならでは部分もありました。

特にたまねぎを指でちぎるところの豪快さはさすがです。

途中、コンソメの分量を間違えてしまう場面もありました。



それでもなんとか完成したジャーマンポテトですが、2人が試食したところ、じゃがいもが少し固かったようです。

ただ、北村選手が「このくらいのほうが好きですね」とフォローしていましたね。



実際に作った人もいました。


最後のはジャーマンポテトじゃないですね笑。


番組が4話のキーポイントに


4話で放送されていた「MONSTER COOKING」ですが、番組途中で分量を間違えるシーンがありました。

実はこの部分が今回の事件の謎を解く手がかりの1つになりました。

それは被疑者である岩村直樹が、この番組を見てメモを書いていることでした。

そのメモにはコンソメの分量が大さじ2を消して、小さじ2と書かれていました。

これは番組をオンタイムで見ていたという証拠です。

つまり、モンスタークッキングは18:30〜18:40の10分間は自宅でテレビを見ていたというアリバイができます。


この証拠やそれ以外の事実を集めて、今回もなんとか無実を証明することができました。

まったく関係のないモンスタークッキングが、証拠として活躍するなんて、中西さんたちには想像つかなかったかもしれませんね。



スポンサーリンク

まとめ

ドラマ「99.9」4話で登場した「MONSTER COOKING(モンスタークッキング)」について紹介しました。

ちなみに、出演者が着用している黄色いエプロンは、パラリーガルの中塚さんがデザインしたものです。

プロレスファンが高じて、デザインするようになった中塚。

今後もいろいろと小ネタで活躍されそうですね。




スポンサーリンク