FINAL CUT


ここでは「FINAL CUT」第2話で水野美紀演じる真崎久美子が突きつけられた「ファイナルカット」を紹介しています。

ドラマ「FINAL CUT」第2話が1月16日(火)に放送されました。

第1話で中村慶介(亀梨和也)がターゲットにしたのがプロデューサーの井出正弥(杉本哲太)ですが、第2話はディレクターの真崎久美子。

慶介は真崎にどんなファイナルカットを用意したのでしょうか。






スポンサーリンク

第2話のおさらい


第2話では、ある殺人事件の被害者の夫から寄せられた依頼から真崎の行き過ぎた取材を聞きます。

そして、慶介は死んだ母親に対して行き過ぎた取材をした真崎へ復讐することを決意します。


一方、真崎は行き過ぎた取材のせいで逮捕直前の犯人を逃してしまったことを咎められていました。

そんな時、犯人から真崎に直接連絡が入り、ある条件と引き換えに独占インタビューをする約束を取り付けます。


そして、犯人から独占インタビューをすることに成功したのですが、その内容が嘘であることを知ってしまいます。

そこへ慶介が現れ、真崎にファイナルカットを突きつけるのでした。


真崎久美子のファイナルカットとは?


慶介が今回復讐するターゲットに選んだのが、12年前の事件でも取材をしていた真崎久美子。


慶介は今回も大地とともに真崎の弱みを集めるために、あらゆる手段で情報を集めます。

そして、真崎の前に現れた慶介は集まった弱みを編集した動画を見せます。



その内容とは…


番組スタッフへの悪口、警察関係者への行き過ぎた取材、百々瀬のポスターに触れる場面、犯人へ謝礼を渡すところ、犯人への独占インタビューの内容が嘘だった知ったときの表情。

これが真崎久美子のファイナルカットです。



「みんながそう思えば、真実になる」

真崎が12年前の事件のことをこう話すと、慶介の怒りが爆発。

「真実っていうのはこういうことを言うんだよ」と、慶介は犯人に謝礼を渡す真崎の映像を指します。

慶介は井出のときと同じように「あんたにはまた会いに来る。その時、頼みを聞いてもらう」と言い立ち去るのでした。


第1話のファイナルカットの内容はこちら
FINAL CUT・井出正弥(杉本哲太)のファイナルカットの内容は?



スポンサーリンク

まとめ

「FINAL CUT」第2話で慶介が真崎に突きつけた「ファイナルカット」を紹介しました。


今回も映像の編集の恐ろしさを感じる内容でした。

特に12年前の母親への独占インタビューで真犯人に関する重要な証言をしているにも関わらず、編集でその部分をカットし、母親が犯人であるかように放送していた部分は本当に恐ろしかったです。


「みんながそう思ったら真実になる」という言葉の意味もとても考えさせられました。

ネット上では、根の葉もない噂でも、いつの間にかそれが本当のことのようになってしまうことがあります。

何が本当なのかを一人ひとりが考えないと、ドラマのの中の母親のような被害者が出てきてしまいます。


亀梨和也さんのかっこよさばかりが目につきますが、ドラマのテーマはとても考えさせられるものになっています。



第1話のファイナルカットの内容はこちら
FINAL CUT・井出正弥(杉本哲太)のファイナルカットの内容は?




スポンサーリンク