トドメの接吻



ここではトドメの接吻の第2話で堂島旺太郎(山崎賢人)を殺した小山内和馬(志尊淳)について紹介しています。


「トドメの接吻」の第2話が放送されましたが、早くも急展開が起きましたね。

謎の女・佐藤宰子(門脇麦)が実は味方だったり、旺太郎を守っていたはずの和馬が実は命を狙っていたりと…。


ここでは、第2話で豹変した和馬について紹介します。

※第2話のネタバレも含みますので、ご注意ください。






スポンサーリンク

和馬はどんなキャラ?


小山内和馬は、ホストクラブ「ナルキッソス」に入ってきたホスト。

堂島旺太郎とは以前同じ店で働いていたこともあって、すごくなついています。

旺太郎がタイムリープしていることを理解し、謎の女から守るために協力している良い後輩キャラでした。



そうなんです。第1話ではすごく「いい後輩」だったのですが、第2話のラストに突然豹変します。

キスで旺太郎を殺す謎の女の居場所を見つけたと、旺太郎に連絡した和馬でしたが、実はそこは和馬の自宅で、旺太郎を殺害するための罠だったのです。


和馬は旺太郎のことが好きだった

和馬の自宅には旺太郎の写真が壁一面に貼られ、赤い字で「愛」と書かれていました。

実は、和馬は旺太郎のことが好きだったのです。

2話の最初に謎の女が「あなた、狙われている。か…」と言っていましたが、それは和馬のことを言いたかったようです。



和馬は旺太郎にナイフを向け、もみ合いの末、刺します。

そして、一緒に死のうと言いますが、そこに謎のストリートミュージシャンがやって来ます。

和馬はそれを見て逃げて行くのでした…。



スポンサーリンク

和馬の豹変ぶりがすごすぎる


それにしても、1話と2話の和馬が全然違いすぎて怖いですね。

ツイッターでも見た人から「怖い」という声がありました。


怖いということは演技力があると見ていいですよね。



ちなみに、Huluで独占配信している「トドメのパラレル」では、さらに和馬の狂気ぶりが見られます。

トドメのパラレルは、本作では過去に戻ってやり直していますが、そのまま死んだ場合の世界はどうなっているのかを描いたものです。

時間は10分程度ですが、本作をより深く知ることができます。

Huluは通常月額料金(1007円)が発生しますが、今なら2週間無料で利用できます。

トドメの接吻も見逃し配信しているので、合わせてチェックできます。


 Huluの無料登録はこちら

まとめ

トドメの接吻の第2話の和馬について紹介しました。

第3話以降は、旺太郎が和馬から逃げるという展開になりそうです。

それと2話の最後に出てきた謎のストリートミュージシャン・春海一徳(菅田将暉)の正体も気になるところですね。




スポンサーリンク