ここでは「ブラックリベンジ」10話のあらすじと感想を紹介しています。

人間の恨みというものは、ほんとうに怖いものだなと思います。

ちょっとしたひとつの言動で他人を傷つけてしまったり、追い込んでしまったり、非常に怖いことです。

自分の言動には気をつけないといけないなと思えますし、全てのことに愛を持って生きて行けたらいいなとも思えるのです。

今回は「ブラックリベンジ」10話のあらすじと感想を紹介していきます。




スポンサーリンク

「ブラックリベンジ」10話のあらすじ



5年前、夫である寺田圭吾(高橋光臣)をねつ造スキャンダル記事で自殺に追いやられた今宮沙織(木村多江)は、記事ねつ造の主犯格が、糸賀朱里(鈴木砂羽)であったことを知ります。

沙織は、朱里に話しを聞くためにクリニックを訪れるのですが、そこに朱里の姿はなく、絶命した沙織の妹、石山綾子(中村映里子)の姿がありました。

綾子の手には「私の事、思い出した?思い出せなかったら、悠斗(佐藤令旺)君を殺します、25年前あたながそうしたように」という朱里からのメッセージカードが握られていたのです。



沙織はノートパソコンで母校である恵蘭女子中学校の25年前の事を検索し、校舎の屋上から転落死した北里玲奈(渡辺優奈)の記事を見つけるのです。

沙織は廃校になった恵蘭女子中学校を訪れます。

沙織は校内を歩くうちに、25年前の記憶が蘇ってきます。





25年前、当時の沙織、石山美幸(桜田ひより)は校舎前に生徒の輪が出来ている事に気づきます。

輪の中に駆け寄ってみると、そこには屋上から飛び降りた玲奈が横たわっており、その傍らには入山灯里(市川春琳)が突っ伏して泣き叫んでいます。

屋上から飛び降りた玲奈と泣き叫ぶ灯里の姿を沙織は思い出すのです。



沙織は更に校内を歩き、当時の事を少しづつ思い出していきます。

沙織は25年前、見つめ合ってキスをしていた灯里と玲奈を偶然見かけた教室にやってきます。

その教室に沙織は入っていくのですが、当時灯里が座っていたところに、朱里が座って待ち構えていたのです。

沙織と朱里は一対一で対峙します。

沙織は当時、この教室にいたのは朱里だった、玲奈とこの教室でキスをしていたのは朱里だったんだということに気づくのです。

そして朱里は「玲奈はあなたが殺した」と沙織に言い放つのです。



25年前、灯里と玲奈、二人が愛し合っていることを友達に言いふらしたのは美幸だったのです。

当時その噂はすぐに広まり、灯里と玲奈は好奇の目にさらされ、玲奈は次第に学校に来なくなり、ついには学校の屋上から飛び降りて自殺してしまったのです。

朱里は玲奈が自殺したその時から、沙織への復讐を心に誓ったんだと沙織に明かすのです。

そして朱里は、これまで自分が仕組んできた復讐劇の全貌を沙織に語るのです。



沙織は復讐の連鎖を断ち切ろうと、朱里を連れて校舎の屋上へと向かいます。

朱里を屋上に連れてきた沙織は、一緒に死んで終わりにしようと朱里に持ちかけるのです。

沙織は復讐の連鎖を断ち切ることができるのでしょうか。

そして、沙織の運命はどうなるのでしょうか。


「ブラックリベンジ」メインキャスト


今宮 沙織 ・・・ 木村多江

福島 勲 ・・・ 佐藤二朗

天満 龍二 ・・・ 平山浩行

高槻 裕也 ・・・ 堀井新太

芦原 咲良 ・・・ 岡野真也

石山 綾子 ・・・ 中村映里子

田村 雄大 ・・・ 竹内まなぶ(カミナリ)

岡島 まこと ・・・ 石田たくみ(カミナリ)

寺田 圭吾 ・・・ 高橋光臣

城田 純一 ・・・ DAIGO

糸賀 朱里 ・・・ 鈴木砂羽

南条 夕子 ・・・ 横山めぐみ

鶴川 謙三 ・・・ 宇野祥平

並木 猛 ・・・ 加治将樹



スポンサーリンク

「ブラックリベンジ」10話の感想



積年の恨みとは、本当に怖いものだと思います。

特に子供の頃に受けた心の傷は、なかなか癒えることは無いのではないかとも思えます。

大人になってからでも、嫌な事をされたり、傷つくようなことを言われたりすると、その傷はずっと心に残るものです。

それが多感な子供の頃であれば尚更です。

ちょっとしたことでも深く傷ついたり、深く悩んだり、この世から居なくなりたいと思う事もあるかも知れないです。



今回の物語を見ていると、自分が小学校や中学校の頃のことを思い返してしまいます。

思い返せば、人から嫌なことをされたり、人に対して嫌なことをしたり、どちらの経験もあります。

これは人によると思いますが、私の場合は、嫌なことをされたことは特に何の気にも留めていないです。

人に対して嫌なことをしたことは、今となっては非常に反省もしますし、自分に対して馬鹿だとも思いますし、なんと面白くない人間なんだとも思います。

それは大人になったからこそ思えることで、子供の頃には気付いていないです。

ただ、嫌な事をされた側の人は、もしかしたら今も恨んでいるかも知れないです。

日頃の行いには本当に気をつけたいものだと思えるのです。



私個人の見解では、沙織は最後に復讐を果たすことが出来ず、何か復讐に飲み込まれたような、そんな気がします。

最後の沙織のラストシーンで、沙織は復讐から離れられない、そんな複雑な心情を木村多江さんは演技で表現されていたのではないかと思います。

復讐に生き、復讐に消えてゆく、そんな沙織のこれからの人生が気になります。


「ブラックリベンジ」10話のあらすじ感想まとめ


「ブラックリベンジ」10話のあらすじと感想を紹介しました。

10話のあらすじをまとめると、


・ねつ造スキャンダルの主犯格であった、朱里を訪ねクリニックに向かった沙織だったが、そこにいたのは絶命した妹の綾子だった

・綾子の手には「私の事、思い出した?思い出せなかったら、悠斗君を殺します、25年前あたながそうしたように」という朱里からのメッセージカードが握られていた

・沙織は廃校になった母校、恵蘭女子中学校を訪れ、25年前の記憶を徐々に思い出す

・沙織は校舎の教室で待ち構えていた朱里と対峙する


沙織は朱里を校舎の屋上に連れて行き、一緒に自殺して復讐に終止符を打とうとするのですが…。



スポンサーリンク