ここでは「ブラックリベンジ」5話のあらすじと感想を紹介しています。

悪い人間はどこまでも悪いんだなと思えます。

私利私欲の為なら、どこまでも汚れていけるのか、とすら思えるのです。

人間としての情を忘れないでおきたいものだと思えます。

今回は「ブラックリベンジ」5話のあらすじと感想を紹介していきます。




スポンサーリンク

「ブラックリベンジ」5話のあらすじ



今宮沙織(木村多江)は南条夕子(横山めぐみ)から5年前、寺田圭吾(高橋光臣)の記事をねつ造した黒幕は、「週刊星流」編集長の福島勲(佐藤二朗)だと教えられます。

沙織は復讐を続ける為、口止め料として1000万円を要求してきた便利屋の城田純一(DAIGO)にお金を渡しに行きます。

沙織は指定された雑居ビルの屋上から城田が落下して絶命するところを目撃してしまいます。




編集部のデスク、天満龍二(平山浩行)は城田が死んだと知って言葉を失います。

天満はパソコンに届いていた城田からのメールを元に、沙織について調べた情報を手にします。

天満は沙織が圭吾の妻だったこと、圭吾を告発した人間に復讐をしていることに気づき、沙織が城田を殺害したのではないかと疑います。

沙織は天満に5年前の圭吾に関する記事は、ねつ造であったことを伝え、天満もねつ造に加担したのではないかと責めるのです。

天満は福島に言われるがままに圭吾に取材をして、原稿を書いただけだったのです。

福島は、天満に5年前の圭吾に関する記事に関して聞かれるのですが、すべてはねつ造だったと認めるのです。


天満は福島がねつ造を認めたことを沙織に伝え、謝罪します。

反省をしてうつむく天満に沙織は「本当に償う気持ちがあるのなら、私に協力して下さい」と福島を地獄の底に叩き落とす手伝いを頼むのです。

天満は協力してくれるのか、沙織は福島に復讐することが出来るのか。


「ブラックリベンジ」メインキャスト


今宮 沙織 ・・・ 木村多江

福島 勲 ・・・ 佐藤二朗

天満 龍二 ・・・ 平山浩行

高槻 裕也 ・・・ 堀井新太

芦原 咲良 ・・・ 岡野真也

石山 綾子 ・・・ 中村映里子

田村 雄大 ・・・ 竹内まなぶ(カミナリ)

岡島 まこと ・・・ 石田たくみ(カミナリ)

寺田 圭吾 ・・・ 高橋光臣

城田 純一 ・・・ DAIGO

糸賀 朱里 ・・・ 鈴木砂羽

南条 夕子 ・・・ 横山めぐみ

5話ゲスト

鶴川 謙三 ・・・ 宇野祥平

並木 猛 ・・・ 加治将樹




スポンサーリンク

「ブラックリベンジ」5話の感想



自分も悪いことに知らない間に加担していたとしたら、そんな恐ろしいことはないなと思わされます。

ねつ造の記事で、人が一人自殺に追いやられる、直接的な殺人ではなくとも、結果的に人が一人命を落としている、これは立派な殺人ではないのかと思えます。

天満はねつ造と知らずに、その記事を書かされていたのですが、彼の人間としての熱さと、ジャーナリストとしての熱さに、心動かされます。

自分が書いた記事で、人が一人亡くなって、しかもその記事がねつ造だったと知った時には、どうしていいか分からなくなると思います。

一生涯、心の傷として残ると思います。

そこを天満は正義を貫くことで乗り越えて欲しいと思えるのです。


今回は、見ていてずっと怒りで震えます。

つぎつぎと編集長、福島の悪行が描かれており、怒りと苛立ちが、どんどん高まっていきます。

佐藤二朗さんが、いい感じの腹立つ感じで演じられているので、余計に編集長への怒りがこみ上げてくるのです。

佐藤さんが高笑いするシーンは、本当に殴ってやろうかと思うくらい腹が立ちます。


最後には大逆転劇を期待していたのですが、そう簡単にもいかないのです。

最後に嘘か本当か、新たな火種を生む記事を沙織が見ることになるのですが、これは次回を見ないとどうなるのか分からないです。

次の回でどんな真実が明るみになるのか、気になってしょうがないのです。


「ブラックリベンジ」5話のあらすじ感想まとめ


「ブラックリベンジ」5話のあらすじと感想を紹介しました。

5話のあらすじをまとめると、


・天満は沙織が圭吾の妻だったこと、圭吾を告発した人間に復讐をしていることに気づく

・沙織は天満に圭吾の記事はねつ造であったことを伝える

・天満は福島に圭吾の記事はねつ造だったのか問いただすと、福島はあっさりとねつ造だったと認める


沙織は天満に、福島を地獄の底に叩き落とす手伝いを依頼するのですが…。



スポンサーリンク