ここでは「ブラックリベンジ」2話のあらすじと感想を紹介しています。

友情とは何なんだろうと思わされます。

偽って友達で居た人間の恐さ、信じていた人に裏切られたときの人間の恐さ、そんな部分を垣間見た気がします。

この人になら裏切られてもしょうがないと思える人に出会いたいものです。

今回は「ブラックリベンジ」2話のあらすじと感想を紹介していきます。




スポンサーリンク

「ブラックリベンジ」2話のあらすじ



結婚式を10日後に控えた、人気絶頂の女優、愛原サユミ(芹那)がテレビなどの取材を受けています。

サユミの結婚相手、有島純(永岡佑)は年商1500億円を誇るIT企業の社長です。

5年前に沙織(木村多江)の夫、圭吾(高橋光臣)を自殺に追いやった、圭吾と女性Aの不倫ベッド写真、その女性Aの正体こそがサユミだったのです。

沙織は「彼女は大きな秘密を隠しています」とサユミを追っていることを編集長に報告、サユミに密着取材することになります。

世間的には清純派女優として通っていたサユミでしたが、裏では俳優、モデルらと派手な恋愛を繰り返していたのです。

それだけ遊んでいても一度も週刊誌にスクープされたことがないサユミ、それはデビュー当時から担当マネージャーとして働きかけてくれた、サユミの幼なじみ、足立奈津(小野ゆり子)の力が大きかったのです。


サユミは、旦那の有島に大手事務所に移籍したほうがいいと言われたことを機に、奈津に相談もせず事務所移籍を決めます。

そのことに対して、奈津は怒りをあらわにし激しい言い争いになるのですが、サユミは「お金で話しはついている」「奈津は私で十分稼いだでしょ」などと言いたいことを言ってそのまま去ってしまいます。

沙織は奈津と接触、サユミは奈津のことを子供の頃から、ただの引き立て役だとしか思っていないという事を伝えます。

奈津はサユミに利用されて、見下されてきた事に気づくのです。


沙織は奈津を連れて、サユミと有島の結婚式会場へいきます。

沙織はサユミを骨の髄まで炎上させることができるのでしょうか。


「ブラックリベンジ」メインキャスト


今宮 沙織 ・・・ 木村多江

福島 勲 ・・・ 佐藤二朗

天満 龍二 ・・・ 平山浩行

高槻 裕也 ・・・ 堀井新太

芦原 咲良 ・・・ 岡野真也

石山 綾子 ・・・ 中村映里子

田村 雄大 ・・・ 竹内まなぶ(カミナリ)

岡島 まこと ・・・ 石田たくみ(カミナリ)

寺田 圭吾 ・・・ 高橋光臣

城田 純一 ・・・ DAIGO

糸賀 朱里 ・・・ 鈴木砂羽


2話のゲスト


足立奈津 ・・・ 小野ゆり子

有島純 ・・・ 永岡佑



スポンサーリンク

「ブラックリベンジ」2話の感想


今回も冒頭、暗い一室の中から始まるのですが、木村多江さんの演技がまた面白いです。

復讐を誓って生きている、その姿と怖さから、思わずほんとに怖すぎて笑ってしまいます。

それだけよく役を作り込まれてらっしゃるんだと思います。

今回は、芸能界や芸能人の裏の汚さや、友情ってなんなんだろうと思わされます。

幼なじみで友人の、奈津、彼女はサユミのマネージャーでもあるのですが、サユミの為に身を粉にして働いてきたのに、結果裏切られることになるのです。

なんとも辛いし、悲しいです。


信じていた人に裏切られたときの、人間のその怖さも描かれていて面白いです。

実際にこんなことあるんだろうな、と思いながら見てしまいます。

個人的な見どころとしては、女同士の罵り合いのシーンです。

「あんたの顔はつぎはぎだらけのフランケンシュタインよ」や、「ブスは一生私を引き立てる為に徹してな」など、言葉のチョイスと人間の汚れた部分が非常によく出ていて、楽しんでいる自分もどうかと思いますが、この女同士の争いのシーンは面白いです。


最後にサユミが沙織に一対一で追い込まれるシーンも圧巻です。

「骨の髄まで炎上しなさい」で、背中がゾクゾクします。

意外と面白いポイントとしては、芸人でカミナリの竹内まなぶさんの演技も面白いです。

普段のまなぶさんと違って、役になりきっていると言いますか、かなり役に溶け込んでいて、自然体で、俳優さんじゃないですかと思う程です。

今後俳優としての仕事も増えるんじゃないでしょうかと思います。

それも楽しみです。


「ブラックリベンジ」2話のあらすじ感想まとめ


「ブラックリベンジ」2話のあらすじと感想を紹介しました。

2話のあらすじをまとめると、

・結婚を10日後に控えた、人気絶頂の女優サユミは5年前、沙織の夫、圭吾を自殺に追いやった不倫ベッド写真の女性Aの正体だった

・サユミはマネジャーの奈津に相談もせず事務所移籍を決め、奈津と激しい言い争いになる

・沙織の言葉で奈津は、今までサユミに利用され、見下されてきた事に気づく

・沙織は奈津を連れて、サユミと有島の結婚式会場へ

そして、復讐の火ぶたが切られるのです…。



スポンサーリンク