anone


ここではドラマ「anone」9話のあらすじと感想を紹介しています。

万平にニセ札づくりが見つかったことから、綻びが出始めます。

そんなこととは知らずに、4人で過ごす温かい生活をかみしめるハリカたち。

余命が短い舵が下した決断とは?

そして、彦星から会いたいと言われたハリカですが、思いがけない事実を知らされて…!?




スポンサーリンク


anone・9話のあらすじ


ニセ札づくりを目撃してしまった花房万平(火野正平)は林田亜乃音(田中裕子)に自首を迫りますが、中世古理市(瑛太)が万平に襲い掛かり、辻沢ハリカ(広瀬すず)、亜乃音、青羽るい子(小林聡美)、持本舵(阿部サダヲ)が慌てて止めに入ります。

ニセ札を外には流していないと話し反省する亜乃音たちを見た万平は、見逃そうとします。

ニセ札づくりに万平をも巻き込もうとする理市を見たハリカは、自分のニセ札も両替機を通らなかったと嘘をつき、理市を諦めさせます。



しかし、理市がATMで試したニセ札が返却されなかったため、警察では捜査が進んでいたのでした。

理市の妻、結季(鈴木杏)は、ニセ札事件のニュースで流れる防犯カメラの男が自分の夫だと確信し、警察に通報します。

そして理市を拒絶し、結季は子供を連れて家を出て行きます。



そんな中、彦星から会いたいと言われたハリカは嬉しさを隠しきれません。

ハリカが彦星に会いに出かけた直後、警察に追われている理市が印刷所の証拠を処分しようと亜乃音のもとにやってきます。

舵は、印刷所のワゴンに乗って理市とともにニセ札の証拠を隠滅しに行った際、理市がまだニセ札作りを諦めていないことを知り、自分も連れて行って欲しいと頼むのでした。

理市は、逃げる時、玲のもとに行きしばらく街を離れることを伝えます。

そのとき、玲は陽人の様子がおかしいと話します。

陽人は火のイラストを書いていて、自分が火事を起こしたことに気付いている様子でした。



その頃、林田印刷所にもついに警察が訪れます。

事態を察したるい子は、印刷所のワゴンを返しにきた舵と共に印刷所から立ち去ります。

舵はワゴンを返したあと、理市と逃亡するため落ち合う約束をしていました。

るい子の気持ちに気づきながらも、余命が短い舵は冷たい言葉でるい子から去ろうとします。

そんな舵に対し、るい子は、最後を看取らせてほしいと舵を抱きしめました。



一方、彦星のもとへ向かう途中で茉歩(藤井武美)に会ったハリカは、彦星が茉歩の父親からの治療費の申し出を断ったと知り、ショックを受けます。

その後ハリカは病院へ向かい、ようやく対面の時を迎えた二人。

しかしハリカは彦星と顔を合わさずに、カーテン一枚隔てて思い出話や何気ない話に花を咲かせます。

そして、彦星に治療を受けてほしいと考えるハリカは突然、涙を流しながら彦星を拒絶する言葉を投げかけます。

ハリカの言葉に絶望する彦星。



その頃、印刷所でニセ札の端切れが警察に見つかり、亜乃音は警察署への同行を求められます。

ちょうどそこへ戻ってきたハリカを一瞥した亜乃音は「知らない人です」と警察に告げ、一度も振り向かずそのままパトカーに乗り込み走り去っていくのでした。



スポンサーリンク


anone・9話の感想


ニセ札づくりがあっという間に警察にバレ、そこからの悲劇の連続が辛すぎましたね。

結季は、以前目撃した別宅のことで理市を怪しいと思っていたのでしょう。

しかし、それを踏まえても通報→家を出ていくまでの流れがあまりにスピーディーすぎるなと感じました。

本人に確認したり、自主を促すなどもっと葛藤があるのかと思いましたが、それ以上に裏切られたという怒りが先に来たのでしょうか。

自分だったらどうするだろうと考えてしまいました。



そして、何よりハリカと彦星の病室でのシーンは切なくて切なくて…。

ハリカの表情は大好きな人を突き放さなければいけない辛さでいっぱいなのに、声にはまったく出さずに最後まで彦星を拒絶しきっていましたね。

広瀬すずさんの演技力の素晴らしさを思い知らされたシーンでした。

ハリカが病室を訪ねてきてから拒絶の言葉を聞くまでの彦星の気持ちを考えると、本当に胸が痛くなりました。



そして、るい子の気持ちに気づきながらも突き放す舵のシーンもまた、切なかったです。

しかし、こちらはるい子が舵の病気に気づいてくれていてほっとしました。

病気のことをるい子が口にした瞬間、張り詰めていた舵の緊張感がほどけていくようでした。



いつにも増して辛いことの連続で、どん底に落ちてしまったような今回、果たしてここから皆が幸せになれるのか、最終回を見るのが若干怖いですが、ぜひこの4人の行く先を見届けたいと思います。



スポンサーリンク


まとめ


ドラマ「anone」8話のあらすじと感想を紹介しました。

みどころはこちら!

  • るい子を拒絶する舵と、余命が短い舵を看取りたいと話するい子。
  • 病室で泣きながら彦星を拒絶するハリカ。




スポンサーリンク