ここでは、ドラマ「グランメゾン東京」8話のあらすじをネタバレで紹介します。

京野が倫子に告白した翌日、尾花が行方不明に。

実は尾花は料理の師匠・潮卓を病院まで迎えに行っていたのです。

尾花は潮にグランメゾン東京の料理を食べてもらおうとしますが、ほとんど手をつけずに途中で怒って帰ってしまいました。

ここでは「グランメゾン東京」8話のあらすじをネタバレで紹介します。



「1話から全話見直したい!」なら動画配信サービス「Paravi」で!

詳しくは「グランメゾン東京・見逃し配信動画を1話からまとめて無料視聴する方法を紹介!」をチェック!


スポンサーリンク


グランメゾン東京8話あらすじネタバレ

尾花がいなくなる

京野(沢村一樹)は自分の想いを隠しておくことができずに倫子(鈴木京香)に告白。

それを聞いた倫子は戸惑ってしまいます。

翌朝、倫子の家から尾花(木村拓哉)が突然姿を消しました。

店の買い出しにも顔を出さず、また店を捨てて逃げ出したのではないかと心配する京野たち。

そこで、知り合いのところに身を寄せているのかもしれないと、祥平(玉森裕太)に連絡してみることに。

尾花がまた逃げたかもしれないと聞いた祥平は、自分のせいで尾花が悪者になっていると罪悪感を抱くのでした。

そんな中、リンダ(冨永愛)が突然グランメゾン東京に姿を現しました。

トップレストラン10位を獲得したために雑誌の取材に来たのです。

さらにリンダはトップレストラン50のこととは別に倫子の特集記事を組みたいと言ってきました。

尾花が師匠の元へ

その頃、尾花は病院に居ました。

実は前日、料理の師匠・潮卓(木場勝己)の娘である凪子(伊藤歩)から、父親を説得して欲しいと連絡をもらっていました。

潮は3年前に心筋梗塞で倒れたのに医者の言うことを全く聞かず、手を焼いた凪子が尾花に助けを求めたのです。

そして尾花は彼をそのまま店に連れて行くことに。

潮を満足させる料理を作ると意気込む尾花。

しかし、潮は「三流店もいいところだ」と言って途中で怒って帰ってしまいました。

さらに一番問題なのはホールを担当している京野だと言うのです。

潮の言葉にショックを受けるスタッフたち。

そこで倫子の提案で、原因を探るべく潮の作る料理を食べに行くことにしました。

あまり期待をしていなかった倫子ですが、お店定番のビーフシチューを食べた倫子はその美味しさに感動するのでした。

尾花が師匠の店を手伝う

そんな中、潮が仕込み中に倒れてしまいました。

家に泊めてもらうことになっていた尾花は、潮の頼みでランチタイムだけ店を引き受けることに。

しかし、一人では手が回らずに京野にホールを手伝ってもらうことにしました。

店はいつものように常連客で満席状態。

しかも客からはいつもと違うとクレームが。

潮は同じビーフシチューでも常連客の好みに合わせて入れる物を変えていたのです。

潮はお母さんみたいに一人一人のためだけに作ってくれると聞いた京野は、自分の今までの接客を反省。

見るべきは皿ではなく人だったのだと、潮から言われた言葉の意味をやっと理解することができました。

祥平が京野に告白

京野がグランメゾン東京に戻ると、尾花を心配して祥平が訪ねて来ました。

そして、3年前に尾花が店を消えたのは逃げたのではなく、自らが悪者になって犯人をかばうためだったと告白。

祥平の涙ながらの告白を聞いた京野は、「もういいから」と言って抱きしめました。

そんな2人の様子を栞奈(中村アン)は陰から見ていました。

ナッツ混入事件についてはこちら
グランメゾン東京 ナッツ混入事件の犯人は誰?京野か丹後?ネタバレ予想!

リンダが怒りを表す

潮の退院する日が決まったと聞いた京野は、再び潮に料理を食べてもらうことを提案。

京野は潮の様子を観察して的確な指示を出しました。

さらに尾花は潮が味覚障害を患っていることに気づき、薄味の料理を提供。

二人の抜群のチームワークのおかげで、潮は満足して帰って行きました。


そして迎えた倫子のインタビューの日。

グランメゾン東京はお客様一人一人に向き合って最高の料理とサービスを提供すると話す倫子。

そんな綺麗事で一つ星は取れないと言うリンダに、倫子は目指すのは三つ星だと宣言。

インタビュー後、栞奈から祥平が混入事件の犯人だと聞いたリンダは、祥平も祥平をかばった尾花がいるグランメゾン東京も潰すことを決意するのでした。

祥平はどうなる?続きはこちら
グランメゾン東京9話あらすじネタバレ!


スポンサーリンク


グランメゾン東京8話の感想は?

まさか今回こんな感じのストーリーになるとは想像してなかった!
尾花のルーツを少し知れた気がするし、子弟同士の熱い信頼関係がものすごくかっこよかった。
尾花が自分の非を認めたり、弱音を見せる機会が増えた気がして、人間らしさが共感できるようになってきたし、ドラマがどんどん面白くなってきた感じがする。
倫子さんがいい人すぎて人望を獲得していくのが納得できるし、尾花が信頼するのも頷ける。来週がさらに波乱な様子なのでさらに楽しみ!
30代女性

京野と尾花が喧嘩をするという最悪の展開を乗り越えた、グランメゾン東京は最強になったとおもいます。
尾花の師匠に、京野が一番だめだと酷評された時はどうなるかと思いましたが、お客様をちゃんと見るべき、1人1人の客を大切する事が必要だと気づいたのは素晴らしかったです。
早見が、最後に3つ星を目指すと言い切った時は、痺れました。
このまま活躍して欲しいと思いますが、リンダが本気で怒っているのか怖いと感じました。
30代男性

栞奈が京野さんと祥平の話を盗み聞きして、事件の犯人が祥平だと知ったときの顔が困惑してて、グランメゾン東京に犯人がいないと分かった今、栞奈が今後どういう行動をしていくのか楽しみです。
でも、リンダにだけは言わないで欲しかったなと思いました…。
グランメゾン東京と祥平のことを潰すと言っていたときのリンダ、めちゃくちゃ怖かったです…。
なによりもなにも関係ない倫子さんや芹田くん、松井さんが巻き込まれることが本当に可哀想だなと思いました。
20代女性

洋食店を経営する尾花というのもちょっと見てみたくなりましたが、それは今でなくても出来ることかもしれないのでやっぱり三ツ星を目指して突き進んでもらいたいですね。
しかし、そこに立ちはだかる事になったのがリンダです。
彼女に恥をかかせた過去はもうどうあっても変えようがないですけれど、どうにかして今から許してもらえる事はできないものですかね……。
許してもらいつつ、祥平が料理を続けていく事も許してもらうという無茶というか身勝手なお願いだとは思うのですが、そこを何とか認めてもらいたいですよね。
この問題に尾花や京野、そして祥平がどうやって立ち向かっていくのか期待しています。
30代男性

スポンサーリンク


グランメゾン東京8話の視聴率

8話の視聴率は、7話から0.8下がった11.0%でした。

全話を通して最低の数字です。

8話までの平均視聴率は、12.2%です。

まとめ グランメゾン東京8話あらすじネタバレと感想

ドラマ「グランメゾン東京」8話のあらすじをネタバレで紹介しました。

京野が倫子に思いを寄せていることが明らかになりました。

そのことがきっかけで今までの関係が崩れるのかと思いましたが、尾花の師匠のおかげでより強化なものになった気がします。

リンダが犯人を知ってしまったことでこれからどんな行動をするのか、注目ですね。


尾花や祥平の活躍をもう一度見たいなら、動画配信サービス「Paravi」で!

詳しくは「グランメゾン東京・見逃し配信動画を1話からまとめて無料視聴する方法を紹介!」をチェック!