ここではドラマ「BG〜身辺警護人〜」で登場する江口洋介さん演じる落合義明について紹介します。

8話のラストで、立原愛子大臣(石田ゆり子)が島崎章(木村拓哉)たちに真実を公表すると誓い、大臣を辞職する覚悟であることが分かりました。

そして、気になるのが落合の行動。

これまで落合は民間のボディーガードに批判的でしたが、村田課長の出来事で気持ちが大きく揺れています。

その落合が最終回にどんな行動をするのか注目を浴びています。




スポンサーリンク

8話のあらすじまとめ


7話で村田課長(上川隆也)が島崎をかばい撃たれてしまいます。

その後救急車で運ばれたのですが、8話の冒頭ではすでに命を落としてしまいました。

しかも世間的には民間のボディーガードが犯人を挑発して撃たれたということになっています。

8話ではその汚名を返上するために島崎たち身辺警護課が動きました。

村田課長の息子とともに警視庁に行き、戻ってきていないボイスレコーダーなどの遺品を回収します。

高梨はボイスレコーダーに当時の音声が残っていれば、村田課長の名誉を回復することはできると考えたからです。

しかし、ボイスレコーダーには記録が残っていませんでした。

おそらく警察で削除されていたのでしょう…。

為す術のない身辺警護課でしたが、島崎が単身立原大臣の元へ。

真実を公表してほしいと嘆願します。

残念ながらその場では返答してもらえませんでしたが、後に島崎の元を訪れ公表することを誓うのでした。

一方、落合とその上司・氷川(宇梶剛士)は島崎を消す計画を立てているのでした。



落合と村田課長の関係


落合と村田課長には深い関係がありました。

落合が立原大臣に話していました、村田課長は元SPで、落合のミスをかばってSPを辞めた経緯があります。

これまでも村田課長は現場で落合と遭遇すると、会話を交わしていました。

さらに7話で村田課長が撃たれたときも、救急車で運ばれる中、落合は村田課長に謝罪をしていました。

落合にとっても村田課長は大きな存在で、良い上司だったというのが分かります。



スポンサーリンク

落合はどう行動するのか?


8話で落合は立原大臣に警察にしがみついているだけだ、と告白しました。

村田課長から組織を変えてくれと言われたにも関わらず何もできずにしがみついている自分の弱さを、こんなにもはっきりと言ったのはおそらく初めてではないでしょうか。

さらに、立原大臣が辞めるという話を聞いて、落合は何か決心したようにも思います。

その後、落合の上司・氷川に対して「いっそ島崎章に消えてもらいましょうか。あのデータと同じように。」と話していたところからも想像できます。

さらに落合はこう言いました。

「警視庁4万人。この大きすぎる組織を守るには一線を越えなければならない。それを覚悟と言うんじゃないですか。」

この言葉から落合も覚悟を決めたということが分かります。


果たして、落合はどういう行動をするのでしょうか。

個人的には、落合は警察の組織に残って村田課長の名誉回復のために動くのだと思います。

消したデータを持っていればなお良いのですが、立原大臣の証言の裏付けをするのかもしれません。

そして、氷川には島崎を消すと言っていましたが、裏では違う行動を取って逆に氷川を陥れるかもしれません。

そうして、落合がSPの上の立場になり組織を変えていこうとするんじゃないでしょうか。

それが村田課長の願いでもあったので…。


最終回で落合が意外な行動に


最終回が放送されましたね。

やはり落合が意外な行動を起こしました。

島崎たちは立原大臣とともに民事党大会で襲撃事件の真相を話すため潜入しようと試みます。

しかし、最後のところで落合が立ちふさがります。

落合は島崎たちの覚悟がどれほどのものなのかを確かめるため、問いただします。

そして、その覚悟が本物だと感じた落合はポケットからあるものを出します。

それはボイスレコーダーでした。

落合は村田と同様に現場にいるときは常にボイスレコーダーを携帯していて、事件のときの音声も録音されていました。

ここから落合は意外な行動に出ます。

立原大臣にこの場を去るように伝えると、落合が真実を話すと言い党大会に侵入していきます。

途中、上司の氷川に邪魔をされてしまいますが、落合を慕うSPたちが守り、島崎たちとともに五十嵐議員の前までたどりつき、事件の真相が明らかになるボイスレコーダーの音声を流したのでした。

こうして、事件は世間に明るみになり村田課長の名誉を回復することができました。


落合の行動は意外でしたが、やはり立原大臣に本音を話したときから、こうする覚悟は決まっていたのでしょう。

最終的に落合は警察に残ることになりましたが、島崎を「天上がり」という官に誘っていましたね。

島崎は要人しか警護できないからという理由で断っていましたが…。


まとめ


ドラマ「BG〜身辺警護人〜」の落合と8話と最終回について紹介しました。

島崎が立原大臣に言った「地位も名誉も権力もない僕らは唯一持っていたものを奪われたのです。僕たちは絶対諦めませんから」。

この言葉も落合が覚悟を決めたきっかけになったかもしれません。

落合にも村田課長の信念が心にあったということなんでしょうね。



スポンサーリンク