ここでは、ドラマ「FINAL CUT」8話の感想を紹介しています。

いよいよラストまで残り2話ですね!

8話では、小河原祥太が真犯人である可能性を示す証拠が少しずつ見つかります。

そして、慶介がついに愛する女性・雪子にまでFINAL CUTを突きつけるのですが…。

一方、若葉は雪子に慶介を盗られた恨みから、祥太から何かを言われたようなのですが…




スポンサーリンク


8話の感想


ここでは8話の感想を紹介します。

※ネタバレにご注意ください!


30代男性


慶介が雪子に対して「ファイルカット」をして、父親の達夫に雪子が、兄の祥太が何をしたのか聞いた時に、達夫自身も祥太が犯人のように語っていましたが、防犯カメラのデータが入ったカードが、トイレに捨てられていたのを見ただけで、祥太が犯人という証拠を見たわけでもなく、本当に祥太が犯人なのか疑問に感じました。 また、若葉がネットを通し会話していた人物が、本当に祥太か判明しておらず、実の兄が妹に対して刃物を使って自作自演させるとは思えないので、祥太では無い人物が若葉を利用したと思い、12年前の事件の真犯人は、慶介の側にいる人物のような気がしています。

20代女性

毎週欠かさず見ています。今期のドラマでは1番面白いと思います。 初っ端ベッドシ―ンはビックリしましたが、慶介と雪子がお互い惹かれあい男女の関係になったのにどうしてもそれ以上踏み込んではいけない…私がその立場だったらどうするかなと考えました。 あとは若葉の豹変ぶりというか、2人の関係に気付いてからの表情の変化。メンヘラ気味というか、世界に入り込んじゃう性格な若葉。 最後に若葉が包丁で慶介を刺すのかと思いきや、まさか自分を刺して犯人に仕立て上げるとは…それも祥太の差し金なんだろうと分かりました。 次週は2時間スペシャルなので、結局祥太役が誰なのか今からとても楽しみです。

30代女性


真犯人しょうたに関する情報が揃い始め、ついに慶介の想いが晴らせる日が近いかと思いきや、慶介への想いがまっすぐ過ぎる若葉を邪険に扱ってしまったところから、まさかの若葉の裏切りにあってしまうというのに驚きました。 そして、憎しみが篭った若葉の表情が恐ろしかったです。 8話の最後、若葉の裏切りの結末部分だけを目撃した姉、雪子が次回、何を思い、どんな行動を取るのかが注目です。 真面目な雪子なので、慶介の味方になりそうですが。

30代男性


慶介の感情がどんどん変化していく回だなと感じました。百々瀬の協力依頼を断りましたが百々瀬の言葉に動揺が隠せない様子でしたし協力するかと思いました。雪子に対してファイナルカットを告げる場面も結局はファイナルカットの用紙を渡す終いになっていたりと、復讐から慶介の中に様々な感情が要り混ざってるんだなと感じました。 若葉がかわいそうに思えてましたが最後のシーンでナイフを自分を切りつける展開にびっくりしました。若葉がどうなるのか、慶介は捕まってしまうのか、真犯人と言われる小河原祥太は表れるのかまた若葉とパソコンのやり取りをしてるのは本当に祥太なのか。最終回の伏線がたくさんある回でした。

50代女性


高田が、慶介の味方であるとわかり、心強いですね。しかし、ずっと真実を追い続けていたなんて。そして、百々瀬をはじめとしたスタッフも、祥太について、1つずつ解明し始めました。それは、味方になってくれているのか、それとも、自分達に、突きつけられたファイナルカットへの逆襲なのでしょうか。一方、慶介と、家族に挟まれてしまった雪子の気持ちが、とても痛いですね。そして、慶介と雪子に、嫉妬する若葉が、止められないほどの憎悪を感じて、とても怖いです。自分を、刺して、慶介の犯行とするのでしょうか。

5v0代男性


12年前の事件の真相がいよいよ明らかにされる前哨戦といえる話の展開でした。亀梨さん演じる慶介が真実に追い込んだために、橋本環奈演じる若菜が最終場面でナイフを自分にお腹にといった展開になり、次回9話での真犯人が登場が予想される中、どんな展開につながるのか興味が湧きました。扱っている内容的には、昔の事件の復讐のために、慶介が数々のファイナルカットを提示していますが、最終的にはどんなファイナルを迎えるのかは予測がつけにくい印象を持っています。

40代男性

百々瀬はやはり番組を面白くするためだけに慶介に接触したんですね。 今後も慶介の邪魔をしてくると思いますが、慶介と百々瀬の対決がどうなるのかは気になります。 慶介は祥太のファイナルカットを最後の最後で破棄しましたね。 雪子を愛する気持ちを捨てられなかったのだと思います。 事件も気になりますが、慶介と雪子が想いを遂げられるのかにも注目しています。 悲しい結末になるのかもしれませんが、最後まで慶介と雪子を見守りたいですね。 芳賀の妨害を乗り越え祥太を逮捕して、恭子の無実を晴らすことが出来るのでしょうか。 次回が楽しみです。

30代男性


あの事件の真犯人は小河原祥太……それを実の父である小河原達夫もまた疑っていたというのが驚きでした。あくまで「疑い」のレベルだったというのが。達夫もまた事件の真相は知らなかったんですね。息子が犯人だという言い逃れできない証拠があれば違ったのかもしれませんが、「限りなく怪しいけど……」というレベルならああやって必死に隠そうとするのも仕方ないのかもしれません。ただ、こうなるともう本当に祥太本人を引きずり出す以外に真実を知る手段がないですよね。小河原祥太が本当にまだ生きているといいのですが……。遂に真相が明かされる最終回が楽しみです。

30代女性


真犯人と思われる「祥太」を見つけるためには、手段を選ばない「慶介」の行動には目を奪うものがある。姉妹でどっちが兄の事を思っているか判断して、姉にすり寄っていく事にビックリ。誰も信じない、愛せない人が姉にすり寄っていく姿には脱帽。 「ザ・プレミアム」から真犯人の真相を一緒に追及しようと持ち出され、乗るのかと思ったらやはり断り危険と知りながら独りで調べていく信念を貫いた点には拍手。 最後に「若葉」が「慶介」の見方になって兄を見つけ出すのかと思ったら、若葉の戦略にはまってしまうと言う始末。兄=真犯人のことになると周りが見えなくなる慶介の甘さが人間らしいと思いました。




スポンサーリンク


まとめ


「FINAL CUT」8話の感想を紹介しました。

いよいよ来週は最終回。

2時間あるみたいなので、どんな展開になるのかドキドキしています。

そして、小河原祥太は真犯人なのでしょうか?

雪子との恋の行方も気になるところです。



スポンサーリンク